こっそりぶろぐ

こっそり書くが別に秘密にもしない。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

優れて柔らかく、しかも断たれない。

財布の中に本屋の割引券が半年以上はいってる。早く使いたいけど七時までしか開いてないうえに土曜日は昼だけ、日曜祝日は休みというところなのでなかなか行けない。

札幌駅から近いその店には仕事が早く終った日は二,三度行ったが、いつも着いたら蛍の光が流れていて、3分後とかに閉まるので全然選べない。

ところが今日はすごく早く帰れて30分くらい時間があった。

そうなると逆に決まらない。
学生時代はずっと本を買う金なんかないのでほとんど図書館で済ませていた。なので本を買うということに今でもあまり慣れない。

せっかく買うのだから変な本は買いたくない。何年でもうちにとって置けるようなのがいい。
選ぶなら図書館で済ませられないようなものがいい。辞書や辞典なんかはそういう意味ではいいけど高いので選ぶのに慎重になる。絵本や画集、写真集なんかも図書館で借りてすぐ返すよりもいいものを買って部屋においておきたい。
あとは読むのに2週間じゃ足りないような、長かったり内容が難しかったりする本。こういうのが図書館で借りずに買う価値のある本かなと思う。でも、そういうのはだいたい高い。
なら新品じゃなくても古本屋でいい気がしてくる。さっきあげたようなのは多少古くても価値が落ちるわけではないので何も最新のでなければいけない気はあまりしない。むしろ古いものにいいものがありそうだ。
でもやっぱり最新のでないといけない気もしてくる。

色々考えるうちにやっぱり図書館にあるから借りればいい気もしてくる。

なら、図書館においてないような新刊を見てみようという気になってくる。でも別にそんな急いで読まなきゃいけないわけでもない気がしてくる。

文庫本とかも安くて買いやすいけど、図書館か古本屋でいい気がしてくる。

こうやって選べないまま本屋を30分うろうろしたあと、手ぶらで今日も店を出た。
その時間で何か読めた気もするけど、そうやって本屋を見るのも今どんな本が売れてるかとか売ろうとしてるかとかそういうのがわかっておもしろい。という言い訳を今思いついた。

でもその後の電話には謎に決断力を発揮して即答ではないまでも早めの返事をした。
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。