こっそりぶろぐ

こっそり書くが別に秘密にもしない。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

名前

200803291946000.jpg

最近自己紹介する機会が多い。みんなの食いつきが一番いいのは意外と山スキーネタや登山ネタ。まあそれは別にどうでもよくて、いつも困るのは名前をどう書くか口で説明しなくちゃいけないとき。

難しい漢字は一つもないんだけど、説明しずらい字がある。
「哉」
結構名前に使われるし知名度の高い字だと思うんだけど、言葉では説明しずらい。

よく間違えられる字は「也」ナリ。だから「ナリっていう字?」ってきかれても、どっちのナリかわからないから「いえ、カナの方です。」みたいに答えるけど大体の人はわからないナリ。
詠嘆のカナ。仲善きことは美しき哉のカナ。

それを防ぐために最近はだいたいいつも、「『吉』という字の下の横棒を伸ばして右ににチョン、チョン」みたいな感じで説明するけど伝わる確立は半分くらい。

こんな風に字を分解して形を説明するやり方には、「『土』の下に『口』でその右側に斜めの線と点」みたいなバリエーションがあるけどそれもわかる人は同じくらい。

実は一番手っ取り早くてしかもすごく伝わりやすい説明のしかたが一つあるけど、使うのにはかなり躊躇してしまう。できれば使いたくない。
それは、「木村拓哉の哉」。

自分から言うことは滅多にないけど、たまに書き方がわかった人が「ああ、キムタクの。」みたいに言う事がある。そのときの周囲の人の反応は決まって「ああ~」ってため息みたいな残念な感じで、ちょっと可哀想、あるいは名前負け、みたいな目でこっちを見てくる。悪くないのになんか申し訳ない気分になる。

この間「ああ、小室哲哉の哉ね。」って言った変わった人がいてそれを他の人に使ってみたけど通じなかった。
誰か小室哲哉以上キムタク未満の、ちょうどいい人気の哉がつく有名人いないかな。
「野球の木村拓哉の哉です。」とか意識しすぎてる感じが逆に嫌だし。
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

お久しぶりです。はじめまして。
武田鉄矢とは違って作家の志賀直哉と同じです。
長瀬智也とは違って日ハムの坪井智哉と同じです。
最後の人はトモチカですけど、これでどうカナ?

ギリジン | URL | 2008年04月10日(Thu)14:18 [EDIT]


ちょ、ちょまてよ!?なにこっそりかいてんだよ!(キム卓風)お久しぶりです。じゃあさよおなら。

Alair | URL | 2008年04月11日(Fri)02:01 [EDIT]


ふたりとも久しぶりだね。二週間ぶりくらい?


だっしゅ | URL | 2008年04月12日(Sat)00:20 [EDIT]


久しぶりだね。元気かい?

バイトやってたころは、「志賀直哉」の「哉」っていう言い方してたよ。少なくとも記者のひとたちは。それもみんなわかるものではない気するけど。

sato-shit | URL | 2008年04月16日(Wed)17:48 [EDIT]


久しぶり~。
元気だよ。
志賀直哉も昔言って見たけど通じなかった気がするよ。

ところで君は家が決まったのかい?

だっしゅ | URL | 2008年04月17日(Thu)00:05 [EDIT]


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。