こっそりぶろぐ

こっそり書くが別に秘密にもしない。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

休日、図書館。

ぽーにょぽーにょぽにょ の歌が頭から離れない。
と思ってたら昨日弟が観て来たらしい。

本を一ヶ月以上借りてたら図書館から督促が来たので昨日返してきた。
返すときに、あらためて何時代の人が借りたのかわからないラインナップだと思った。今世紀の本が一冊しかない。しかも二冊持ってくるの忘れたから新しく借りることも出来なかった。

だから、帰り道に寄った古本屋で「夜は短し歩けよ乙女」を見つけたので買ってしまった。
夜は短し歩けよ乙女

おもしろいのはもうわかってるから後でゆっくり読もう。この表紙の絵の人、最近人気なのかよく本屋で絵が表紙になってるの見る。アジカンの人ってイメージだけど。

ゲオにも寄ってDVDで「ビッグフィッシュ」を借りた。

ぽーにょぽーにょぽにょ さかなのこー

それで今日、図書館で残りの本を返して、10冊借りた。今回は、せっかく2008年に生きてるんだから現代の本も読もう、というコンセプト。函館の人オススメの本が思いがけず見つかった。
全部二週間で読めるはずない。
借りたかったけどなかった本があったので、ブックオフで探したけど見つからなかった。代わりに同じサリンジャーの「ナイン・ストーリーズ (新潮文庫)」を買ってみた。今日はセールで普段の30%引きだった。

ぽーにょぽーにょぽにょ おととい、
まっかな ビッツの 男の子に4年前に薦めた本を今度読むと言われてちょっと動揺した。
怖いものがあまり好きじゃない彼がこれを気に入るかどうか正直自信がないから。読んでどんな感想を持つか興味もちょっとあるけど。
日本三大奇書の一つ、「ドグラ・マグラ 」。
一応推理小説に含まれるんだろうけど、読んで精神に異常をきたした人が居るとかいないとか言ううわさがある本で、まあホントに発狂するかはともかく、そんな噂が立つのも納得できると思う。小学生の頃、金田一少年は結構怖かったけど、ああいう血とかそういう怖さとも全然違う怖さ。このときこれを薦めたのは、夕張岳でショッキングな事件が起きた日の帰りの車だったから、最近読んだ中で一番衝撃的だったこの本を反射的に思い浮かべたんじゃないか。まだ相手のこともよく知らなかったし。

それよりも、そのとき一緒に「竜馬がゆく」も勧めた気がする。こっちはこの時点での彼の印象から、たぶん気に入るんじゃないかと思って勧めた本だし、今から考えてもこっちのほうがすごい人好きで、新しいことへの挑戦を好む彼の気に入るように思う。まだ読んでなければ。

どっちもあの時点でのオススメだから、今薦めるなら別の本だけど、まあそれはまた今度の機会でいいか。

おまけ

図書館で返した本リスト
<古典>
イーリアス〈上〉 (岩波文庫)」ホメロス
「古事記」
<小説>
地下室の手記(光文社古典新訳文庫)」ドストエフスキー
「細雪」谷崎潤一郎
山田風太郎明治小説全集〈6〉」山田風太郎
カンガルー日和 (講談社文庫)」村上春樹
<その他>
悲しき玩具・我等の一団と彼 」石川啄木
文人悪食」嵐山孝三郎
イノシシは転ばない―「猪突猛進」の文化史

今日借りた本リスト
<小説>
停電の夜に (新潮文庫)」J・ラヒリ
夢を与える」綿矢りさ
神様のボート」江国香織
帰去来殺人事件」山田風太郎
黒死館殺人事件 (河出文庫 お 18-1)」小栗虫太郎
南総里見八犬伝〈2〉 (岩波文庫)」曲亭馬琴
<その他>
ツァラトストラかく語りき 上 (1) (新潮文庫 ニ 1-1)」ニーチェ
北斎妖怪百景」葛飾北斎 京極夏彦 多田克己 久保田一洋
モネ (岩波 世界の美術)」カーラ・ラックマン
日本の外来生物―決定版

結局あまり新しくない。
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

いやぁ、とりあえずこの二つの本リストに拍手したい気分だよ。これはちょっと当分本のことじゃ敵わないなぁ。幅・深さ申し分ないよ。

それ読んでないから、借りてくるね。
人の推薦図書を読むのは楽しいわ。また、おれのネタが切れたらダッシュから仕入れさせてもらうよー。

ひぐ | URL | 2008年07月22日(Tue)10:26 [EDIT]


本ネタ楽しい。今世紀の本が1冊ていいね!
「ナイン・ストーリーズ」といえばBANANAFISHだね。
「文人悪食」は気になってたよ。おもしろかったらおしえてー。

私もこの週末すごいポニョでした。

み | URL | 2008年07月22日(Tue)21:47 [EDIT]


>ひぐ
フラニーとゾーイー探したけど見つからなくて残念だったよ。
まずDVDから見るね。ティム・バートンだった。
>み
BANANAFISHって漫画のだよね。読んだことないけど、いつか読んでみようと昔思った記憶があるよ。
文人悪食は意外と主役は食べ物じゃなくて文人たちの方だから、食べ物メインだと思うとちょっとがっかりするかも。でも載ってる作家の本を読んでみたくなるよ。

だっしゅ | URL | 2008年07月23日(Wed)00:53 [EDIT]


BANANAFISHは全力でおススメするよ。
函館来たらうちで読んでいいよ。文庫11巻だけど…。

うん、なんとなくわかる。めくってみたことあるよ。
またそのうちめくってみる。

み | URL | 2008年07月23日(Wed)18:54 [EDIT]


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。