こっそりぶろぐ

こっそり書くが別に秘密にもしない。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

原始が原とか

145_4516_convert_20080713205125.jpg
昨日もまた富良野行っちゃった。

雨竜沼に行くはずがクマのおかげで急遽原始が原へ。
くまったクマだ。

今回は忙しいというじゃがーにメンバー集めを頼まれた。
絶対じゃがーのほうが暇だろうけど、なんかやってみたかったので引き受けた。誰を誘うか結構迷ったが、今回は前回と違い夏山にあんまり一緒に行ったことない人、あるいは最近会ってない人、というテーマで色々組み合わせを考えて誘ってみた。
何人かに断られたけど久々にメールして関係ない話とかできて良かった。

結局、当日の朝はいった人を入れて四人。山スキーって感じのメンバーだった。144_4467_convert_20080713210012.jpg144_4475_convert_20080713210124.jpg


みずーとK2。あとは最初から決まってた僕とジャガー。
みずーは結構久しぶりで朝、会ったとき違う人みたいに見えたけど、それも一瞬だった。他は特に珍しくない。じゃがーは沈黙に耐えられないしK2はある話題ばっかりしゃべりたがる。前回の芦別とメンバーの雰囲気が全然違った。どっちがいいということもないけど、フィールドを考えるとやっぱり原始が原みたいなハイキングや日帰りの山行にはこのメンバーが、本格的な芦別なら前回のメンバーが似合う。
144_4499_convert_20080713211828.jpg

145_4506_convert_20080713210214.jpg

原始が原は想像以上にいいとこだった。
詳しく書くと長くなるから簡単に書くと前半は滝とか梯子とか丸木橋とかある沢沿いでアスレチック。後半は湿原と歩きやすい道。


帰りはまた十勝岳温泉。鉄砲水の恐怖をみた。警察とびしょぬれの登山者たちが集まり、遭難現場みたいになっていた。
ここから降りるときにはキツネに餌づけする人を発見。そういえば前回も同じ場所に車から逃げないキツネがいた。そのうち轢かれるだろう。かわいそうに。

そして今日、この原始が原とその前の芦別がきっかけで二つマンガを買った。
「うしおととら」と、水木しげるの「ヒットラー」。
「うしお~」は神居古譚が出てくるらしく、Yくんが熱く語ってくれたドライブの主役。
もう一冊は本当はC君の愛読書といわれる「わが闘争」にしようかと思ったけど、その前に昔から買おうか迷っていたこれを。


スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

来月からは僕も誘ってください。

あうす | URL | 2008年07月13日(Sun)22:55 [EDIT]


絶対暇って事はないでしょ??

つまりはだね、物理的に暇でも、精神的に暇ではなかったのだよ。

わかるかな~、この気持ちがさ。

まあ、楽しくメンバー集ができたらなら、次回もよろしくね!!☆Ξ

じゃが | URL | 2008年07月14日(Mon)14:48 [EDIT]


>あうす
今回も誘うか迷ったんだけど、来月からってことはやっぱり誘わなくて正解だったみたいだね。
じゃ、今度誘うよ。

>じゃが
わかるかなって明らかにそうだと思ったよ。
でも、それを口実にするには二年早いね。
メンバー集めはもう満足したから卒業するよ。

だっしゅ | URL | 2008年07月14日(Mon)23:46 [EDIT]


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。