こっそりぶろぐ

こっそり書くが別に秘密にもしない。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

すれ違いざまに思うこと

こないだ36号線を車で南下しているとき、やけに沢山のパトカーを見た。検問もやっていた。サミットに向けてなんだろう。札駅でも物々しい格好をした警察官をよく見る。
でも毎日疑問に思うことがある。札駅の警官の服に大きく「静岡県警察」って書かれていることだ。

サミットの警戒のために静岡からわざわざ集められたんだろうか。それにしてもなぜ、静岡から?
実は静岡県警はこういうことにかけては日本でトップクラスの実力でも持っているんだろうか。
年は30台くらいが多い気がする。この人たちは家族を静岡に残してきたのか。そうなら残された家族は静岡でサミットの成功を祈っていることだろう。テレビでサミットや北海道の話題が出れば敏感に反応するんだろう。

もしかしたら、服だけ静岡から借りてるのかもしれない。警備に必要な人が多すぎて北海道にある服だけでは足りないのだ。そして静岡県警で使われている服は地震に備えて丈夫に出来ている。

もう一つ考えたことは、静岡から逃げ出した犯罪者が、札駅付近に潜んでいるという情報を入手した静岡県警が銭形警部のようにわざわざ北海道まで追ってきたパターン。

帰りの地下鉄の中、頭の中ではそれぞれの仮説に沿ったドラマが展開されていた。まあ、本当のことは結構どうでもいい。


次の話。いつもと違う時間に帰った昨日、駅へ向かう道は部活帰りらしい高校生でいっぱいだった。
自転車に手をかけた一人の背の高い男子高校生が、後輩らしい女子高生2,3人と話している、その脇を通り抜けるときに聞こえた一言がなぜか印象に残った。
それは女の子の一人がかなり苛立たしげに言っていた
「先輩、一年生になまらタメきかれてますよ。」
「うーん。」これは、その男の子の返事。

暗くて顔とかは誰一人わからなかったけど、部活での色んな人間関係とかのドラマが浮かんできて、
青春だなあ、と思った。
部活帰りの夜道ってだけでかなり青春っぽさを感じるけど、あの状況が何がかはわからないけどすごく高校生っぽい。
高校生っぽさの中でもあまり良くない部分だけど。






スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。