こっそりぶろぐ

こっそり書くが別に秘密にもしない。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

夏休み 2日目 シュノーケリング

P7290813_convert_20120813230309.jpg


石垣島から船で移動。海は快晴だが、西表島には真っ黒な雲がかかっている。
西表島の港には、シュノーケリングのガイドの人たちが待っていた。
荷物を預け、すぐに船で海へ出る。ガイドが日焼け止めを塗るように、再三注意していた。
日差しの強烈さに対しては、自分で帽子と日焼け止めと、サングラスまで用意してきた。完璧。と思ったが足に塗るのを忘れていた。昼過ぎにはヒリヒリし始めた。

最初についたのは珊瑚のかけらでできた小島、バラス島。台風の度に形が変わるらしい。

海に入るのは奥尻で自給自足した時以来なので、もう5,6ぶりくらいか。
まずシュノーケルの使い方を習う。
初めて使ったがこれは便利な道具だというのと、顔をつけただけで魚がたくさん見えた海の様子に感動した。

シュノーケルに水が入ったときは落ち着いて息を勢いよく吹けば上から出ていくと言われたが、慣れるまでは限界まで息を吹いても全く水は出て行かず、逆に口も鼻も海水で覆われた。
口に水が入ったとき、あまりの塩辛さに驚いた。しょっぱいと言うよりはからい。塩のかたまりを口に突っ込まれたような感じがした。

海ではカラフルな全く食欲をそそられない魚たちがいくらでも見られた。ファインディング・ニモのカクレクマノミもいて、ガイドさんがイソギンチャクの中から出てくるのが見られるスポットに案内してくれるのだが、ニモを観たことのなかったぼくには特別そんなにほかの魚より可愛いという感じはしなかったが、みんな喜んでいたので、ニモは関係なくカクレクマノミは魅力的なのかもしれない。

バラス島でしばらく楽しんだあとは、また船に乗り今度は鳩間島へ移動。海から上がるとガイドさんが冷たいさんぴん茶と黒砂糖をくれた。黒砂糖が海水でしょっぱくなった口には嬉しかった。

鳩間島ではおにぎりを食べたあと自由散策。人口50人ほどの小さな島なのだが、あまり時間もなかったので島一周はせず、人の住んでいる集落のあたりを少し歩いた。石垣がサンゴで出来ていたり、庭先にバナナやグアバがなっていたり、放し飼いみたいなヤギがたくさん出没したり、マンゴーフラッペを食べたり、のんびりした南の島らしさを満喫できた。

そのあとはウミガメを見れるスポットに船で移動してまたシュノーケリング。3匹のウミガメを見たり、またカクレクマノミを見たりしたが、波が結構あったせいか船に乗ってないのにちょっと酔った。むしろ船に乗ったら治った。

そのあとは別のスポットで綺麗なサンゴ礁やカラフルな魚を楽しんだ。最後の最後にちょっと遠目に見た大きな魚は、この日唯一といってもいいほど美味しそうな魚だったが、撮影した動画をあとから見てみるとヒレがサメっぽい気がしないでもない。

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2012年10月05日(Fri)16:23 [EDIT]


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。