こっそりぶろぐ

こっそり書くが別に秘密にもしない。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

夏休みの計画(7月時点)

          P7290850_convert_20120813230822.jpg

今年の夏休みは、ロンドンオリンピックの開幕した7月最後の土日から月火水と3日休みを取り、合計5連休。
長めの休みを取れたので、せっかくなので遠くに行くことにした。

一度も行ったことのない、沖縄。
その中でも遠くてなかなか行けない離島を目指すことにした。

調べてみると沖縄県は意外と広かった。名前だけは知っていた一番遠い石垣島空港に行くには、那覇から飛行機で1時間かかる。台湾が近かった。北海道も函館から利尻とか紋別とか行けば飛行機でそれくらいかかるかもしれないが、沖縄にそこまで広いイメージがなかった。

離島も宮古島とその周辺の島々に行くか、石垣島空港から船で行く八重山諸島にするか迷ったが、沖縄県では本島の次に大きい島なのにその面積の9割がジャングルという西表島に惹かれて、ここを目指すことに。まず飛行機で石垣島へ行く。

初日は移動に費やす。羽田、那覇と乗り継いで石垣島に夕方到着し、一泊。翌日朝に西表島へ船で渡って、これも初めての体験であるシュノーケリングツアーに参加。珊瑚のかけらでできた真っ白な小島、バラス島や人口50人ほどの鳩間島などで泳ぐ。その日は西表島の民宿に宿泊。

西表島での二日目はレンタを借りてドライブ。島はほとんどがジャングルなので人は道は人の住んでいる島の外周部分をぐるりと囲んでいる、と見せかけてその道も実は3/4周くらいしかしていない。船でしか行けない集落もあるほどだ。この日はイリオモテヤマネコを轢かないように注意しよう。海の浅瀬を水牛車で渡って行く小島、由布島などを観光する。

西表島最終日はついにジャングルへ入る。カヌーで川を遡ったり、ライフジャケットを着て川に飛び込んで流されるキャニオニングなどのツアーに参加する。

その翌日はまた船で石垣島へ戻り、昼ごろの飛行機でまた乗り継いで北海道へ帰るというのが大まかな計画。

しかし当日、この計画はもろくも崩れていった。

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。