こっそりぶろぐ

こっそり書くが別に秘密にもしない。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

衝 撃

さっき初めて、ケータイからぶろぐを書きたくなるくらい衝撃的なことが起きた。

ぼくには何が起きているのか初めわからなかった。

起きたときはいつも通りの朝だった。いつものように顔を洗い、髭をそり、朝ごはんを一瞬で済ませ、スーツに着替えて外に出た。
地下鉄からJRを乗り継ぎ、駅から職場に行く途中のコンビニで烏龍茶を買う。
すべてがルーチン。

そして職場に入ったらみんなに挨拶しながら席にかばんを置き、ジャケットを脱いでハンガーにかけ、デスクトップのPCは電源を入れ、引き出しからノートパソコンを取り出してLANケーブルや電源をつなぐ。
いつも通り、何も変わったことはなかった。
すべてが正しく行われ、しかし同時にすべて間違っていた。

平和は斜めむかいの女の子の一言で破られた。
「だっしゅさん、今日夏休みとってませんでしたっけ?」


とってたー

一ヶ月ちょっと前、夏休みの三日は何とか消化するように、一日ずつばらして入れていたのを完全に忘れていた。

反射的に、来ちゃったから仕事してくと言ったものの、今日は休んでも問題なさそうだし今日を逃すと次いつになるかわからない。そもそも紅葉真っ只中で夏休みやっととれたのに、もう一度日程調整したら冬になるだろう。やっぱり今日やらなきゃいけないことだけ引き継いで、帰ることにした。

さあいまから何しよう。
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

あ…ありのまま 今 起こった事を話すぜ!

ポルナレフ | URL | 2011年10月23日(Sun)23:54 [EDIT]


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。