こっそりぶろぐ

こっそり書くが別に秘密にもしない。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

上を向いて歩こう

コクリコ坂ではない。まあ、あれは結構面白かった。

1,2週間前から急に寒くなり、収穫の秋が来た。

昔からやってみたかったのが、野生の果物狩りだ。ヤマブドウ、こくわなんかを自分で採ってみたかった。
大学のときはこくわと間違えてオニグルミの実をかじったりした。今から思えば全然違うが、緑の実ということくらいしか知識がなかったので仕方ない。クルミの種の中身はもちろん美味しいが、実は渋くて食べられたものじゃない。
もちろん自信がなかったので一口齧っては吐き捨てた。

だいたい、山菜もそうだがそういうのはだいたい採る人は自分の場所を持っていて、知り合いにしか教えない。
そういうのを教えてくれそうな知り合いがいない場合は偶然見つけたものを食べるか、買うしかない。

ただし、ヤマブドウは自分の場所を実は持っていた。目の前の公園から道路にはみ出して生えている。最初見つけたときに一度しか採ったことがなかったがそれ以降、つたはあっても実がなっているを見た事がなかった。
後で調べるとヤマブドウは年によって味や実の生る量が全然違うらしい。
この経験で意外と近くで見つかるものだとはわかっていたが、今年は偶然仕事中にまた公園で見つけてしまった。
まだ熟していなかったし、本当に住宅地の中のありきたりな普通の公園だったので、ここのを採るのは近所の子どもに遠慮した。

わざわざ山まで行かなくても、山っぽい公園で採ればいいんじゃないか。幸い、札幌近郊にはそんな公園がたくさんある。

今回は、モモンガやフクロウも住む野幌森林公園の近く、原生林っぽいのが茂っている公園に狙いを付け、一人で探しに行ってみた。狙いは、クルミ、クリ、ヤマブドウ、こくわだ。
クルミ、クリは公園でなくてもかなりどこにでもあるのですぐに見つけた。クリはまだイガが緑で採るには早いようだった。
公園は、沢型の地形でもともと川だったのが枯れたか埋め立てたかしたような、かなり長い公園だったが、1時間くらい木を見ながら歩いていたので首が疲れた。
すぐにヤマブドウのつたを見つけた。ヤマブドウの葉は紅葉が早いのといかにもぶどうの葉っぽい形からすぐわかる。でも実が見つからない。と思ったらとても届かないような高さにたわわに実っていた。たわわなんて言葉、初めて使ったかもしれない。
届かないではどうしようもないので、そこは諦めて少し行くとすぐにまた見つけることが出来た。

場所を覚えておいて夕方ごろまた採りに行くと、ヤマブドウの実の隣に緑色の実が見えた。こくわだ。
おんこの実から桑の実、ハマナスの実、野いちご、ハスカップ、ヤマブドウ、山になっているブルーベリーなど、野生の果実は色々あるがどれも普通の店で売っている果物に比べれば酸っぱかったりして食べられるが生で食べてもそこまで美味しいものでもない。採ること自体を楽しむか加工して食べる。でもこくわは、生でも店で売っている果物にも負けないと思う。キウイの味。

その晩、5,6個採ったこくわは生で食べ、4,5房とったヤマブドウはジャムにしようとした。
しかしヤマブドウは煮て皮と種を取ってみると量が少なかった。一食分。やはり公園では採れる量に限界がある。普通はkg単位で採ったりするらしい。そこで完全にジャムにするのはやめてレシピをはしょって、ヤマブドウの汁はあまり煮詰めず、ある程度で砂糖と混ぜてヨーグルトにかけた。ジャムと言うよりフルーツソースのような感じ。酸っぱかったが、ちゃんとぶどうの味がして美味しかった。
そしてそのあとで頂き物の巨峰を食べた。甘くて粒が大きくて美味しかった。
人類の知恵を感じた。
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

みんなにまで拾い食いしてると勘違いされちゃわないかな(笑)

azu | URL | 2011年09月28日(Wed)23:02 [EDIT]


拾い食いというよりは、木になっているからつまみ食い?かな?
勘違いされてないか気になるね

だっしゅ | URL | 2011年10月02日(Sun)00:02 [EDIT]


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。