こっそりぶろぐ

こっそり書くが別に秘密にもしない。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

0、5段階

 今までにないような暖冬でほとんど雪のない札幌に久しぶりに大雪が降った土曜日、テイネでスキーをした。
一緒に行ったのはその日が初テレマークである、クロカニストN君。いつもの初すべりのように、滑れなくて苦しむNくんを眺めながらたまにアドバイスをし,適当にその付近で滑るだけのつもりだったが、大金をはたいて装備を一式そろえたNくんのやる気はぼくの考えを変えた。

 メールで持ち物を聞いてきた彼に、一通りゲレンデで必要なものを答えると「シールはいらないですか?」との返信。まさか初すべりで使うつもりは全くなかったが、せっかく買ったんだから使いたいだろうと、予定を変更した。

 当日、何も言わなくともサブを背負ってきたやる気に満ちあふれたNくんと、まずは強風でいつもより動きがスローな北壁リフト(今は違う名前になってるけど忘れた)で頂上へ。リフトから降りたとき、初めてテレマークの板で滑ったNくんはこれは意外といけるんじゃないか、と思ったらしい。
 アルペンをもともとやっていた彼の滑りを一言で言えば、堅実。初めてで、しかも圧雪の上に新雪が積もったところを多くの人が滑ってデコボコにした、初心者には難しいだろう雪質だというのに慎重な滑りで転ぶことはほとんどなかった。
 むしろぼくのほうが派手に一回転してたりした。まあ、せっかくフカフカな新雪だったので派手なこけ方をしてそれを満喫するのもいいだろうと思ったのだ。そういうことだよ。しかし、その後Nくんは思いもよらない斬新な方法でぼく以上にフカフカの深雪を楽しむことになる。
 とにかく、滑りについてはあまり問題なく、いつもの登り返しの場所まで下りてくる間で一通りのことはやった。初めはふらついていた斜滑降が安定してくると、ターンも出来るようになってきた。まだバランスを崩すと内足が前に出てアルペンの滑りになってしまうが、とりあえず転ばないので、歩く会の1段階なら滑りに限れば次は必ず○に出来るレベル。
 それでも本人は思ったとおりに出来ないと悔しがっていた。山スキーヤーがところかまわずテレポジを取る気持ちがわかったらしい。
あー、始めた頃はみんなやるよね~とか思っていたぼくも次の日は無意識のうちに暇があればテレポジを取っていたらしい。気をつけよう。

 そして、シール登行。ポケットがシールの入るぎりぎりの大きさだったため、手袋をしたまま出したりしまったりするのに大変苦労していて、ついに諦めてザックに入れることにした。
ラッセルは、すね位の深さ。特に問題なくいけたが、ジルはまだつかめていないようだった。
 滑りであれだけ安定していた彼も、ジルブレッタターンの途中で谷側にこけるという、1年生らしい失敗を二度してくれて微笑ましかった。が、あまり苦労せず的確な動きですぐリカバリーしてしまったのが残念だ。もう少しもがき苦しんでくれると指導しがいがあるのだが。
 6時間券を買っていたのと、何度も登るのは疲れるので一回でやめたが、ジルさえできれば体力的にも余裕そうだった。

 昼食をとり、少し滑るとあっという間に時間は過ぎ、既にナイターの照明がついた16時過ぎごろ、もう頂上に行くリフトもとっくになくなっていたので最後にパラダイスリフトに乗ることにした。
自分の満足いく滑りを掴もうと意気込むNくんは、気合を入れてリフトに乗り込み、そしてそのリフトから、落ちた。


 ザックを背負ったままリフトに乗ったNくんが、深く腰掛けられなかったのでとりあえず手すりを下ろそうとした瞬間だった。板が雪面に引っかかり、そのまま叫び声だけ残してNくんは手すりとイスの隙間から一瞬で消えた。ぼくは手すりを下げるのを手伝おうと右手を挙げた状態のまま、「え~!」と言うことしかできなかった。止まったリフトから後ろを振り返ると、顔から新雪に落ちたNくんと、慌てて彼に駆け寄る係員野様子が見える。心配しながらも、飛び降りるわけにも行かず、ただ眺めていた。
 今までで一番遅いように感じるリフトがようやく着くと、すぐリフト乗り場に向かって下りたが、前から来るリフトにストックを振っているNくんの姿が見えた。少し安心し、その場で待っていると恥ずかしそうにNくんがやって来た。
再会したNくんが語るには、「ボフッと落ちて意外と気持ちよかった。」
テレマークを始めても、雪と戯れることを忘れない彼は真にクロカニストの鑑であろう。
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

とても恥ずかしかったです。
落ちたせいか首が筋肉痛で困りました。
ありがとうございました!練習します!

ナリ | URL | 2010年12月21日(Tue)19:00 [EDIT]


ご一緒出来なくてすみません。
こちら久々の1段階は疲れました。
1年生は毎年言われてますが例年に無く上手です。
山スキー行きましょう!

Θ | URL | 2010年12月21日(Tue)23:13 [EDIT]


>ナリ
無事でよかったね~
おー、クビの筋肉痛は始めたばかりの人はだいたいなるよ。転んだりして。
またスキー行こう!もう少し雪降ったら山にも!

>Θ
いやこちらこそ突然でごめん。
1段階は疲れるということをぼくも今回ので思い出したよ。
ホントに毎年1年目はなぜか上手く感じるよね。

| URL | 2010年12月24日(Fri)00:42 [EDIT]


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。