こっそりぶろぐ

こっそり書くが別に秘密にもしない。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

あだ名をつけるならヌメリンかゴッチ

同期がほとんどいなくなり、山に行く機会や飲みに行く機会が減った。
じゃあ海に行こう。川に行こう。

と考えたわけでもないが、去年手に入れた釣竿を無駄にしないためにも釣りに行くことにした。
行くことにしたが自分ではどうしていいかわからないので、後輩に頼む。
誠実を絵に描いたような千歳に住む後輩は、しっかりと計画を立ててくれた。

土曜の夜に出発して寿都で夜釣りをし、その後川へ。

八時に札駅で桑園に住む同期と大麻に住む後輩と合流し、主催者の車で寿都を目指す。このとき既にあいにくの天気によって川の中止は決まっていた。

途中二度のコンビニでのジャンケンに敗れながらも、何とか寿都に到着した。
雨は小降りで傘はいらない程度だった。ソイを狙うも大麻の後輩がビニール袋を釣り上げただけで他は誰も釣れず、ちょっと場所を変える。

今度の場所はなんだか生臭い臭いがする。今度は桑園の同期がビニール袋を釣り上げた。


岩内へ向かいながら、漁港に寄ってもう一度挑戦した。ここは魚の泳ぐ姿や、たまに跳ねているのも見える。
見えるからと言って釣れるとは限らない。結構粘ったが成果はゼロのまままた場所を変える。

岩内に着いたときには朝だった。
そこでぼくは昆布を釣った。
そして、最初に魚を釣ったのはそれまで地球を釣ろうと頑張っていた大麻の後輩だった。
なぜか針は尻尾についていたが、とりあえず一尾。ヌメリゴチというらしい。
小さかったのですぐに海に返した。

帰り道、ちょうど長文のメールが来ていた九州から山形に移った同期の現場監督に成果を報告すると、たちまちのうちに料理法などを調べてくれた。流石だ。その後なぜリリースしたかをしきりに気にするあたりも含めクロカニストばっかりの今回の計画で、山スキーヤーの風を感じる一幕だった。

結局魚はそれしか釣れず、帰りにまたコンビニでのジャンケンで負け、余市で仮眠をとり、さくらんぼソフトクリームジャンに負けて帰った。
釣れなかったのは残念だったが、久しぶりの歩く会らしいドライブも含めてとても楽しい計画だった。
また今度リベンジしたい。
後輩に連れて行ってもらって。
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

沢足袋もつかってあげてください。

い | URL | 2010年07月13日(Tue)00:46 [EDIT]


ヌメリンでもいいからもっと会いたかった。。。
もっと調べていくんでまたいきましょう!

ナリ | URL | 2010年07月15日(Thu)21:30 [EDIT]


>い
確かに。今度使おう。

>ナリ
確かに。また連れてってね~。

| URL | 2010年07月20日(Tue)23:02 [EDIT]


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。