こっそりぶろぐ

こっそり書くが別に秘密にもしない。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

今日は暑かった

 薬学部にラウンド1に誘われたが、前日に飲んだせいもあり朝九時からは早すぎて行けず、昼から参加した。
 今日の昼ごはんは、クラーク亭の隣にいつの間にか出来ていたドミニカ料理屋でドミニカ定食を食べた。ドミニカ人は日本語ぺらぺらで気がきく人だった。スープは評価が分かれたが、美味しくて安くて量も多い。
 食べ終わると午後をどうするか会議。昼から大通公園で飲むという案が最有力だったが、そこで大つけ麺博をやっていることがわかり、腹を空かせてからそっちに行くことにした。
 では、どうするか。カラオケとか、解散とか、映画とか、解散とか、とりあえず南に向かうとか、解散とか色々意見が出たが何となく漫喫に決まった。

 アイカフェのシアタールームは五人でソファーにひっくり返ってぐだぐだマンガを読んだり昼寝したりするのに非常に快適。

 つけ麺は今日は6店が出店していたが、うち4店は札幌の店で残り2点が千葉と福岡からの参加だった。会場は案外それほど混雑しておらず、行列が出来ているのは道外からの二店だけだった。
 5人のうち薬学部、お菓子屋さん、だっしゅの3人はそれぞれ気になった札幌の店へ行き、車掌と鉄の人はある行列の店に並んだ。
 並ばないで済む3人は先に席をとってお互いのを食べ比べていた。全部麺もスープも全く違っていたが、どれが一番おいしいかというのは個人の好みの問題だろうという結論に落ち着いていた。行列組の二人が来るまでは。
 その店と札幌の店では客の数が違いすぎたので一味も二味も違うものが期待されたため、二人が席に着くや否や問答無用で薬学部とだっしゅの箸は二人の麺にのばされていた。
 しかしその期待は一口で疑問に変わった。あれ?自分の味覚がおかしいのかな?
 塩気もあまり感じないし、なにより生臭い。
 みんながお互いの反応を見て自分の感覚を信じることが出来た。
 これは食えない。かわいそうなので3人はそれぞれ自分の麺を食べ終わったら二人にスープを提供した。ここで全員が同じように行列に並んでいたら、みんなが麺だけをもそもそ食っていたことだろう。多様性が、彼らを救ったのだ。

 それでももう少し自分たちの舌が流行についていけてないだけかもしれないという疑惑を消せなかった我々は、その後その店の行列から次々と出て来る人々を観察することにした。
 妙に食べるペースの遅い家族連れや、旦那さんに食べさせる奥さんや「くさい」という子どもや、顔をしかめながらも雰囲気を壊さないためにそれを隠しながら食べる若い女の人二人組を見ることが出来た。
 
 まあ、今日はちょっと失敗したのかもしれないし、たまたまそういう風に見えただけかもしれない。
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。