こっそりぶろぐ

こっそり書くが別に秘密にもしない。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

山菜採り

花マスター、鳥マスター、きのこマスター、足跡マスターなど山に行くとマスターになりたいものが色々出てくる。結局どれにもなってないが、山菜採りというのも身につけたい技術の一つだ。

そんなわけで日曜日の朝、突然親が山菜取りに行くというので付いて行った。

豊羽鉱山のゲートはまだ閉まっていたがそこに車を停め一時間ほどかけて採集した。成果は十分な量のフキ、ウド、ニリンソウ、カタクリ、そしてタラの芽1個だった。

それぞれについて教わったことをメモしておく。

1フキ
 緑色で出来るだけ大きいのがいい。だいたい3本くらいまとまって生えているが、真ん中のものは固いので外側のを採る。煮たりして食べる。

2ウド
 崖のような急斜面に生える。

3ニリンソウ
 白い花が咲く。食べられるが、葉がトリカブトとよく似ているので、間違えて食べると死ぬ。かも。花が全然違うので花が咲いてるものは見分けやすい。

4カタクリ
 根っこから片栗粉が取れるが、資源確保のため根っこは採らないでおく。

5タラの芽
 木に棘が生えているので高いところにあっても登って採ることはできない。タランボとも言う。チャランボとちょっと似てる。

6疑問
Q:山菜の知識はどこで得たの?
母A:得てないよ。
Q:ウドとかは何で知ってるの?
母A:八百屋に売ってるじゃん。
Q:じゃあニリンソウとかは?
母A:本に書いてあった。

Q:これ(取った山菜)はどうやって食べるの?
母A:フキは煮る。ウドはゆでて酢味噌とかつけようかな。タラの芽は普通天ぷらだけど一個しかないからゆでる。
Q:カタクリとニリンソウは?
母A:食卓に飾る。
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。