こっそりぶろぐ

こっそり書くが別に秘密にもしない。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

羊をめぐる冒険

という題の小説がある。
高校の頃、ぼくが初めて読んだ村上春樹の本だ。
意味がわからなかった。

あとで3部作の(4部作とも言う)の三つ目なのでいきなりこれから読んでもわからないと言われたので初めの、風の歌を聴けも読んだがやっぱりよくわかんなかった。もう村上春樹はいいかな、と思ったけど何となく他の本も読んでるうちに何となく面白い気がしてきた。やっぱり言いたいことはあまりわからないけれど、いまでも何となく面白いと思う。何となく魅力があるので1Q84があんなに売れるのも、最近よくノーベル賞候補になるのもなんかわかる気がする。

話がずれたが、初めて読むのにこの本を選んだのは札幌が舞台らしいということと、羊男という何となく面白そうな人が出てくるという断片的な情報からだ。
結果はよくわからないだったけど。
この次のダンスダンスダンスも札幌が舞台で羊男が出てくるが、そんなことは知らなかった。

札幌で羊といえばジンギスカンだ。あとは羊が丘展望台。小説にも出てきたような気もするが、読んだのが高校の頃なので気のせいかもしれない。
家から近いが、500円かかるということで最近まで行ったことがなかった。行ったら色んなものが見えた。クラーク先生とか、羊とか、札幌ドームとか、見たこともない後輩たちとか。

家から近い有料の観光地は案外行かないという話。他にも、時計台の中とかテレビ塔の有料の部分とか、JRタワーの展望台とか色々行ってない定番の観光スポットがあるので、もし札幌に初めて来る人を案内するような機会があれば、案内する振りして行ってみようと思う。
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。