こっそりぶろぐ

こっそり書くが別に秘密にもしない。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

失ったものたち ~その1 貴重品

 羊蹄山は登りの長い山だ。一合目から九合目まで、すべて看板があるがその間隔が長いことで逆にピークの遠さを実感してしまう。4年前は足が攣ったり、クマ鈴までなくすという悲しい事件があった。猫缶まで食った。

 今回は、そのときクマ鈴をなくしたことに気づいた7合目で休憩しているときにカメラが無いのに気づいた。カメラの入ったカバンには家のカギも財布も入っている。その財布の中にはおろしたての5万円という大金が入っていた。給料日だったので、家に入れる分も含めて多めにおろしたのだった。 ちょっと焦ったが、平静を装って注意深くポケットや身の回りを探してみたが、ない。休憩し始めたほかのメンバーの話が少し弾んでいたので、邪魔しないようにタイミングを見計らって、まだ背負っていたアタックを地面に放り投げた。
異変に気づいたみんなにカメラを落としたかもしれないと言ったらなぜか笑われた。
 落としたとすれば、その前に休憩した6合目のちょっと手前のところだ。そこまで空身ならあまり時間はかからないだろうと、一人ダッシュした。
 最初は結構快調で、トレイルランナーになれるんじゃないかと思ったが、なかなか着かない。意外と遠かった。7合目では絶対「走れダッシュ」とか言ってるよと思ったら本当に言ってたらしい。
 休憩していたところに着いたが、バッグはみつからなかった。がっかりして戻ったのぼりは結構歩いたが往復で20分くらいだったらしい。
 ここで下りて見つかるものでもないので、予定通り小屋まで行った。走ったせいでその先は傾斜も緩くなり景色も良くなるのに意外と疲れた。9.5合目にある小屋は、余計に1合下りて1合登ったぼくにとっては実質11.5合目だ。
 小屋管さんにこういうときはどこに届けられているか聞いて見ると、良心的な人なら登山ポストに入れておいてくれることが多いということと、それでもなかったときに他に届けられていそうなところの連絡先を教えてくれた。

      GetAttachment_convert_20090930214241.jpg

 翌朝、ぼくの心以上に濃いガスで覆われた小屋を出て頂上を目指した。お鉢に近づくとガスは晴れたが、風はものすごく強く、ピークに行くのが少しためらわれた。お鉢にでたところでぼくたちが風を避けているのにわざわざ風に当たって頑張っている人たちがいたが、その人たちは日が出る前に諦めて下りてしまった。あの人たちが何のために風に耐えていたのかわからない。
 お鉢の周りは意外と風を避けながら進むことが出来るので一周するのは思ったほど大変ではなかったが、ヤマチューのウェアーが凍りつくほどの寒さだった。
 でも、このためなら五万円くらい払ってもいいと思われるような景色を見ることが出来て、あれを山の神様に捧げたおかげで晴れたのだからと納得することができた。
 デジカメが無いので新しいケータイで写真を撮ったが、太陽が出る前に寒さのために電池が切れるという山スキーでよくある現象が起きた。

 下山してすぐ登山ポストを覗いたが、やはりバッグは入っていなかった。
 現金やデジカメはともかく、財布の中に入っているカード類や免許証、保険証などのことを考え、この後にしなければならない手続きで連休がつぶれる事を恐れていた。出来るだけ効率的に全ての動きを終えようと、もう見つからない前提でこれから電話をかけたりするところを全力で考えていた。
 ところがあまり期待しないで一応寄ってみた下山口のキャンプ場の管理棟に届けられていた。
 聞きに行ったとき、カメラの入ったカバンとしか言わなかったのに「いくら入ってた?」と聞かれたのですぐ届いているとわかった。
 「4,5万です」と言ったら、「そんなに入ってたの?全部取られてるよ。」
 まじか。じゃあいくら入ってたかきいても何の確認にもならないじゃん。ただの興味か。
 既に中の現金を抜かれてキャンプ場のアスレチックに落ちていたところを拾った人が届けてくれたらしい。それでも現金以外は全て無事だったので結構喜んで車に戻ったが、他の人たちがぼくの代わりに落ち込んだり怒ったりしてくれた。
 
 そのあと寄った名水公園でソフトクリームジャンを持ちかけたが、一発で負けた。現金が無かったのでにゃもに借りた。
 そのあとセブンでお金を下ろし、車に戻ってにゃもに返そうとすると、財布の中がまだ空なのに気づいた。まだ動揺していたのか、下ろしたお金を受け取らずに店を出てしまっていた。見ていたいぐによると、店から出てったのにずっとATMが鳴りっぱなしでおかしいと思ったらしい。

 そのあと無事に回収し、にゃもにお金を返したが、まだ動揺していて1,400円借りたのに1,600円を渡してしまった。これはすぐ気づいて取り返した。

 さらに、このあと洗濯物だけ家においてそのまま誕生会に出かけた。そのときの会費は千円だったが、会場となったグラハのMさんは羊蹄山での話を聞いていたので、わかってますよ的な顔で「千円は今度あったときでいいですよ。」と言ってくれた。
 その同情に思わずありがたいと感謝しそうになったが、すぐあることに気づいた。
 「え…?さっきもう千円払ったよね?」
 危ないところだった。
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。