こっそりぶろぐ

こっそり書くが別に秘密にもしない。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

おいしかったとうもろこし

 きのうは、大学いんでブタの研きゅうをしているおじさんと夕はんを食べました。ぼくが、「ゆうはんを食べよう」と言ったからです。
 おじさんは、じっけんがおわってないのに来てくれました。
 ぼくが何もかんがえてこなかったら、おじさんが「鳥げんにしよう。」と言ったので、鳥源というお店に行きました。とりくしが、おいしかったです。おじさんは、ふつうにビールをのんでいました。ぼくも、いっしょにのみました。

 鳥源から出ると、おじさんに「じっけんの手伝いをしてくれ」といわれました。ぼくはおもしろそうなので、「いいよ」と言いました。でもおじさんはやる気をなくして「じっけんは明日やればいい」と言い出して、ぼくも「それでいいんじゃない」と言ったので結局、のう学部にあるおじさんの研きゅうしつで飲むことになりました。
 ぼくは、研きゅうしつはおじさんがしごとをする場所だと思っていたので、おどろきました。

 ちょうど、ぼくがしょくばでもらったとうもろこしが3本あったので、それを2本ゆでて、そのうち1本はさらにバターとしょう油で焼いて食べました。あまくておいしかったです。おじさんのけんきゅうしつには、冷蔵庫もあって、とても快適でした。冷蔵庫の中にはえだまめやジャガイモが入っていたので、それも食べました。ウイスキーもあったので、来るとちゅうで買ってきたワインといっしょに飲みました。ちょっと、よっぱらいました。

 おじさんがみんなをさそったので、お姉さんとお兄さんが一人ずつ来ました。お姉さんは一年先パイで、お兄さんは1年後ハイなのにふたりとも大学いんではおじさんと同じ学年だそうです。ふくざつです。二人とも、じっけんをしていたそうです。
 でも、お姉さんはわりと早くきたけどお兄さんが来たのは11時ごろだったので、よっぱらったぼくはちょっと話をしてあとはほとんどねていました。
 11時50分ごろ解散しましたが、おじさんはそれから実験するつもりだと言って研究室に残りました。ぼくは、ねむくないのかなあ、すごいなあと思っておじさんを尊敬しました。
 さっぽろえきに入ろうとすると、駅員さんに「もう地下鉄への通路は閉めたよ」と言われました。一歩おそかったのです。ぼくは、「おお、神よ!」と思いました。
 さいふを見るとあまりお金が入ってなかったので、36号線まで歩いて、豊平橋のたもとあたりからタクシーにのってかえりました。ふらふらしました。

<先生から>
 おじさんと楽しい飲み会が出来たようですね。でも、地下鉄の時間に間に合うように帰れるともっと良かったと思いますよ。今度から気をつけましょう。でも今日は意外と爽やかに目覚めたようで良かったですね。
  あと、おじさんのことを尊敬したようですが、先生はお酒を飲んで実験するようなことはどうかと思いますよ。あなたは絶対に酒を飲んで仕事に行ってはいけませんよ。そんなことをしたらクビですよ。
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。