こっそりぶろぐ

こっそり書くが別に秘密にもしない。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

マトリョーシカ

ビアガーデンの次の日、こんな夢を見た。

朝家に帰ってきて寝ていると、たくさんの人が入れ代わり立ち代り部屋に入って来て、どこかに遊びに行こうと誘う。
せっかくの日曜なので行きたいのだが、やっと帰ってきて寝たばかりということもあり眠気に勝てず、目を覚ますことが出来ない。そのうち、僕の足を蹴ったりする人まで現れる。

いよいよ、みんな僕を連れて行くことを諦めて、どこかへ遊びに行ってしまうというときに、力を振り絞ると何とか目を覚ますことができた。

よし、行こうと思って周りを見ると何か様子が違う。人が入ってきた形跡がどこにもない。
ああ、何だ夢だったのか。せっかくの日曜を無駄にしたくないからこんな夢を見たんだろうか。

でももしかしたら本当に誰かじゃがー辺りから誘いのメールか何かが来て、その着信音でそんな夢を見たのかもしれない。よし、起きよう。

と思ったとこでそれも夢だと言うことになぜか気づいた。

でも、「起きよう」と言う思いは変わらず強いので何とか起きようとしてみた。
でも、疲れているのか全く体が動かない。
まず、手。ダメ。
じゃ足。ピクリともしない。
とりあえず頭を上げるか。無理。
意識はあるのに目さえ開けられない。

よく金縛りっていうけど、縛られていると言うよりは自分の意識に体が反応しない感じ。
事故とかで半身不随で体が動かないって言う感覚が今までわからなかったが、きっとこんな感覚なんだろうなと後から思った。
途中から、どうせ誰からの誘いもきてないだろうし起きてもムダだからやめようかと思ったけど、もうそんなことはどうでも良くなっていた。目的のために起きるんじゃなく、起きるのが目的になっていた。これだけ深い眠りから自力で起きたことはいまだかつてない。

精神力を振り絞って、とりあえず無理矢理目を開こうとしてみた。きつかったのでいったん指を動かそうと集中したら少し動いた。
今だ、と目に力を込めたら何とかまぶたを開くことに成功した。
でも水の中で目を開けたみたいで全てが霞んでいる。本当にこんな視界になることがあるのか、マンガみたいだと思った。

そこから何とか頭を振ってその力を利用してそこから上半身を起き上がらせることに成功した。
起きてみたら寝てから1時間も経っておらず、もちろん誰からの誘いもなかったが、せっかくなのでその日はそのまま起きていた。

目覚めたときはあれだけの深い眠りと金縛りに打ち克った自分の精神力に自信を持った。もう車輪眼で幻術をかけられても打ち破れる気がする。
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。