こっそりぶろぐ

こっそり書くが別に秘密にもしない。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

BOXノート

久しぶりにホームページのほうのBOXノートを見た。
ホームページのとわざわざ書かないと実物のノートと誤解する人がいそうなのが残念だ。流石に今年度はそんな機会は全くない。そのイメージもわからなくはないが、長い間サークル本体には顔を出していないはず。サークルの人とは確かによく会ってる。

BOXノートには遠く南にいる先輩からのコメントに懐かしい話があった。

でも、なぜか持ってきていた温度計を眺めながら「今5℃ですよ。」とか言っていた、南沼では火を付けるためにテントに一番に入ったのにがたがた震えてラジウスもつけるのに時間がかかり、あとから入ってきたその先輩に「貸せ!」と取られてしまった○ッシュ(当時1)も今では(6)なので、主にホームページを見ている現役の方々には何のことだかわからないだろうなと思いました。
あのときのラジウスで炙った温かいするめの美味しさは忘れられない。今考えるとラジウスの火で炙ったりしたらなんかに汚染されそうだけど。

十勝縦走はあの年も、もう一回行ったときも思い出がありすぎて逆にあのときのことは何も書けない。

ただ、最近十勝縦走関連でちょっと嬉しいことに気づいた。
実は卒業してから、執行のとき副審議長を一年間続けた上、新フィールドもCLとしては砥石山くらいしか出さなかったので、歩く会に残したものが何もないということに後から気づいてちょっとだけ後悔していた。
プロジェクターとかわかりやすくモノを残したPuchや、山スキー用語として完全に定着した「最終防衛ライン」といった言葉を残しただいだい、そしてセンター飲みを生み出したポンさんなどが結構羨ましかった。
でも、こないだ後輩から今でも十勝隊の一年生には月の砂漠のラクダにまつわるウソを言い続けているという話を聞いて、そう言えばあれは○ライール(当時1)に夢を持ってもらうために僕が用意したものだと思い出した。あまり信じてなかったようだけど、あの衣装を用意してきた。
J.P.やエゾコクチョウのように語り継がれていくといいなあ。

あ、ウソって書いちゃったけどさすがに一年生は見てないはず。だけどじゃがたんとリンクがつながってるのが不安。
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。