こっそりぶろぐ

こっそり書くが別に秘密にもしない。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

3コマ目 “転”

ころばぬさきの‐めがね【<転ばぬ先の<眼鏡】ころばないうちに眼鏡をかけて用心すること。転じて、失敗しないように、前もって注意を払えと言う警句。

この日、散々僕を苦しめたこの眼鏡は去年ぶろぐで「木暮」と名づけたアイツだ。
あれから1年近く曲がったまま放置していたのが悪いようだが、仕方がなかった。メガネ屋で直そうとしたら無理に直そうとすれば弦が折れると言われて、「選手生命…終わりだ」ってなったから。

それでも出場しなければいけなかったのは、他にスペアがないから。コンタクトも持ってないので、主力メンバーが行方不明になると木暮が出ざるを得ない。これが僕の不安要素その2-選手層がウスい!!だ。その1はファウル・トラブル。

それで、久しぶりに木暮を使ってみたが前回書いたようにやはり全然ダメだった。去年まではそれまで使ったメガネの中でも一番長く使用してきて、僕の中での最優秀選手だったのに。あのときは想像もできなかったよ……木暮がこんな風になるなんて…

曲がったメガネは最初はあまり気にならないんだけど、時間が経つにつれそのゆがみで気分が悪くなってくる。つまりメガネとしてのスタミナが圧倒的になくなってしまう。
こんなのをずっとかけていたら、視界がゆがんでポカリスエットの缶も満足に開けられないはずだ。プルタブをカツッカツッてやって、「くそ…なぜオレはあんなムダな時間を…」と泣くことになる。

そうならないよう、右45度の角度に開いてしまった弦を普通に耳にかけたり、外側に出して、右耳に添えるだけにしてみたりしたがあまり効果はなかった。

本当に、何が木暮だ…お前は根性なしだ……木暮……ただの根性なしじゃねーか……
根性なしのくせに何がメガネだ…夢見させるようなことを言うな!!

もうこんなことにならないように、スペアのメガネを買おうかちょっと迷う。
これまでこんなこと考えたこともなかったが、こういうことがあるとスペアメガネの大切さを知ることが出来る。「一日曲がったメガネをかけたことがある」というのが大きな財産となった気がする。

安西先生…!!…………
メガネがほしいです……

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。