こっそりぶろぐ

こっそり書くが別に秘密にもしない。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

今日は曇り

 こないだの積丹岳と、G.W.が毎日晴れだったおかげですっかり焼けた。
 今年はスキーもあまり行かなかったので一ヶ月くらい前、偶然鏡に映った自分を見てあまりの白さに驚いたことがある。自分の記憶を辿っても、少なくとも大学入学以来こんなに白くなったことはなかった。まるでもやしのような美白だった。まあ、他の人には全く指摘されなかったので、他の人と比べれば白いとはいえないのだろうけど。

 そのもやしっぽさが今では見る影もなくなってしまった。というか全部影みたいになっている。

 おかげで今日は職場で多くの人に「連休中に山に行った?」と聞かれた。行ったのは連休の前の29日なので、最初は連休中はドライブとかしたとか答えていたが途中からめんどくさくなって「積丹岳でスキーしてきました。」って言うようにした。

 ところで、焼けたことに対する反応は色んなパターンがあったが、サークルの同期は基本的に気づかなかった。他の誰かに言われてもあまりぴんと来ないみたいな反応だったのも共通する。
 なぜ気づかないか二つ仮説を立ててみた。
 ?もともとじゃない?とか思ってる。だっしゅ=黒いという固定観念がある。
 ?普段から僕のことを視覚ではなく別の感覚で捉えている。気配とか。でも髪切ったのには気づいた。
 別に検証する気はないけど。

 どのくらい焼けたか、言われたことの中から印象に残ったものを書き出してみる。

母「日焼け止めを塗りなさい。世界中にそんなに黒い人間はいない。」「日本人では。」
後輩A「だっしゅさんがものすごく黒くて、Yさんの白さが際立ちました。Oさんはその中間くらい。」
職場の人「また焼けたね~。どっちが裏か表かわからない~ははははは。」

 一番びっくりしたのは裏か表かわからないというもの。せめて後頭部と顔の見分けはつけてほしかった。
 あと、同期のほとんどが気づかないのとは対照的に、驚いて突っ込んでくるのはおばさんである確率が高い。上のも二つはそうだ。もう一つも女の子なので、女の人のほうが人の肌の色を気にするのかもしれない。
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

おお!ということは、私も立派に突っ込めるおばさんになれる日は近いということですねv-14

ko-hai | URL | 2009年05月11日(Mon)22:37 [EDIT]


Re: タイトルなし

なりたいの?
まだ、立派に突っ込むおばさんになる日は遠いと思うよ。
まずは立派に突っ込むこばさんなら近いかも

だっしゅ | URL | 2009年05月13日(Wed)00:07 [EDIT]


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。