こっそりぶろぐ

こっそり書くが別に秘密にもしない。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

春山

 RIMG0003_convert_20090420000936.jpg

 自分だけなぜか荷物が異常に重かったのが謎だがやっぱり山はいいなあと再確認した山行だった。

 3回目の空沼だったので景色に新鮮味はあまり感じなかったが、それでも雪で埋まった山の沢沿いや凍った沼とかの中を行く感じは、やっぱりいいものだった。
 出発時は快晴だった天候がピークに近づくにつれ怪しくなっていき、稜線上からは雪と冷たい風に吹かれて寒い思いをしたが、下界では雨の予報だったのが雪だっただけマシだ。
 RIMG0033_convert_20090420001120.jpg

 楽しさはメンバーによるものも大きい。
 小屋では青春を追いかける人々に大量のうどん等をご馳走になるなど、予定外のハプニングもあった。彼らの若人やギャル(亀仙人的な意味での)を求める情熱にはみんな自ら巻かれて行った。写真を撮り、お礼を言って二階に戻ったあとの飲みはなかなか盛り上がった。
 やはりコール(をかけられること)にかけては超一流の彼の存在は大きい。山でコールをかけながら飲むということ自体が最近やっていなかった分懐かしかったが、おかげで流れの悪い瞬間も結構あった。しかし大体は「なっ……か~○○!」で乗り切れてしまうのがすごい。
 ただ、持って行った酒が意外と余ってしまい、ちょっと困った。現役なら次の計画に持っていけば良かったが今はなかなか泊まりで行くことないから消費する機会がない。宅飲みもほとんどないし。
 
 そして今回の山行で一番悩んだエッセン。係に決まってから結構考えていたが結局、前日にお弁当屋さんに麻婆豆腐弁当を勧められたのをきっかけ麻婆豆腐に決めた。
 弁当で食べたかったが、一緒に入っていた餃子のニンニクによって午後に支障が出てはいけないという判断からカレーコロッケ弁当にしたのだった。
 買出しに行ったのは前日の夜11時近くだったので、無難に素エッセンにしてしまおうかとも思ったがやはりそれでは面白くないので、ちゃんと豆板醤等の調味料などを買うことにした。自分で作ると失敗する可能性もあるが基本的に山なら空腹という最高の調味料で乗り切れるだろう。

 もう一つ、酸辣湯という酸っぱくて辛い中華スープも。これには発掘実習で毎日簡略化したものを食べさせられていた思い出があるが、具がほとんど麻婆豆腐と一緒だったので、ついでに本物をネットで調べて作ってみた。
 
 エッセンはかなり好評だったので安心したが、エッセン代を徴収するのを忘れるという痛恨のミスを犯してしまった。あと余ったエッセンパックが邪魔だ。片栗粉とかはまだいいがペットボトルに入れた酢とか胡麻油どうしよう。去年は放出という処分をしたけど今年は無理だな。

 下りでは山スキーで登ってる人も見たりして次の春スキーに向けてのやる気も高まった。
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

エッセンありがとう。おいしかった。
エアポートで小樽のおばさんに会わないか不安だよ。
巻き込まれ、巻き込まれ・・・笑

今年はアクティブに山とかいろいろ言いだすかもだけど、
懲りずに付き合ってくれやv-222

けん | URL | 2009年04月21日(Tue)23:46 [EDIT]


大丈夫だよ。制服着てればあのときの大学3年生だなんてわからないよ。きっと。

山とかならいくらでも付き合うよv-107

だっしゅ | URL | 2009年04月22日(Wed)22:33 [EDIT]


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。