こっそりぶろぐ

こっそり書くが別に秘密にもしない。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

ニセコ

ニセコに行ってきた。スキーではない。
ペンション。
ペンションなんてところに泊まるのなんて生まれて初めてだ。
ワクワクが最高潮だった前日にはやる気を持て余して突然最後のきよた飲みを企画するほどだったが、きよたが混んでて入れなかったのと、結局他の店で遅くまで飲んで寝不足になったことで当日の朝には若干さめた。

一緒に行ったのは職場の先輩たち。自分も入れて4人だが、それぞれ約10歳ずつ年の差があった。下は24、上は56。

ペンションは期待通り良いところだった。料理が自慢のところで、フランス料理のフルコースが出たが箸も付いてきて雰囲気は全然堅苦しい感じではなく、でも料理は豪華でかなり満足できた。
60歳くらいの夫婦とその息子がやっているところで、先輩の一人とはちょうど僕が生まれた年からの古い付き合いらしいので、気さくな感じだった。
客もたまたま他にはいなかったし全体的には今年の5月に泊めてもらった先輩の親戚の別荘に近いものを感じた。
こんな料理を食べて、一泊しても1万円以下という安さでスキー場も目の前なので冬には混むらしい。

あと初日の昼ごはんに岩内で回らない寿司屋だったが、寿司だけでなくソイの刺身やビールまで頼んんでしまうのは軽いカルチャーショックだ。でもソイの刺身の美味しさには感動した。今になって自給自足しようとしたときの寄生虫が悔やまれる。

温泉は鯉川温泉。深い浴槽と古い建物が薬師温泉を思出させるが、それ以外は普通のいい温泉だった。あがったあとはジュージャンではなくジョッキで生ビール。なぜかじゃんけんしてないのにお金払ってない。
贅沢した割りに他の店とかでも全体的にこういう感じで金銭的には他の人より負担が軽かったので、久しぶりに一年生のときに計画に連れてもらっていた頃を思い出した。
なので一年生のときの反省と、そのあと見てきた同期や後輩たちの下としての振る舞いを参考に“旅行における良い後輩像”というのを体現しようとしてみた。でも無理だと思って途中で諦めた。

まず誰のどんなところをモデルにするかで悩んで、まあ結局どの後輩にも真似できないいいところがあるなあ、とか何の役にも立たない感想を持っただけだ。

久しぶりに完全に連れてってもらう側としての旅行で、良いプランで知らないところにも色々行けて楽しかった。
でもこういう旅行とかは自分で計画を立てるところから参加して、連れてく側のほうがやっぱり個人的には好きだということもわかった。
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。