こっそりぶろぐ

こっそり書くが別に秘密にもしない。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

結論から言うと失敗

以前は、自分が早く帰れて親の帰りが遅いときは夕飯を外で食べたり買ってきたりしていたが、金もかかるしせっかく料理できる環境があるのだから利用しようと、最近は冷蔵庫を開けてあるもので自分で作ることにしている。

たまに納豆とキムチで済ませたりもするが意外と成績はよく、ここのところ自分を満足させる戦いには連勝していた。

おとといは前日のあまりのタコの刺身や、シイタケをみつけたので、シイタケをオーブントースターで焼いて、あとタコの刺身を食べればいいかと思っていると、冷蔵庫の奥からおつまみに良さそうな燻製の砂肝が出てきた。一個つまみ食いしてみる。うまい。そんなふうにして冷蔵庫を眺めていると、今度は卵が語りかけてきた。
「やめろ!父さんの砂肝を食べるなんて残酷なことは!どうしても食べたいならオレからにしろ!」
ということで、これ肉じゃないけど鶏だから卵でとじれば親子丼じゃない?というアイディアがひらめいた。
砂肝も好きだし親子丼のおいしさは言うまでもない。
たことしいたけよりもちゃんと料理した気分になれるし、何より使う食材がどれも火が通ってなくても生で食べられる。失敗して生焼けになっても食中毒にはならないと言う安心感は大きい。

一応豚肉もあったから無難に他人丼にすることも出来たが、豚肉は前日の焼そばや、その前の日に自分で作った野菜炒めでも使われていた。
さらに冷蔵庫から万能ねぎや玉ねぎを発掘することができたとき、耳の中にこれをそばつゆで卵とじにしなさいという神のお告げが響いた。

そのお告げに従い、卵のふわっとした半熟具合も味の濃さもそばつゆを適当に入れたにもかかわらず完璧なものに仕上げることができた。おお、神よ!

ただ、一つの間違いは砂肝の燻製も鶏だから親子丼に向いているという単純な発想だ。決定的に向いていなかった。
それだけで食べればおいしい燻製の臭いも邪魔だし、そしてあの硬い食感!!完全に異物だ。
この料理を、臭くて頑固な親父のせいで破綻した親子丼と命名して封印したい。

スポンサーサイト

PageTop

「正義」の話

本は基本的に図書館で借りるので、必然的に大昔に流行った本(古典)かちょっと前に流行ったものを読むことが多い。
おととい、なんとなく今流行っている新しい本も読みたくなったので、帰りに本屋に寄ってちょっと遅めだが流行に乗って、『これからの「正義」の話をしよう』を買ってみた。まだ図書館で借りた本を読んでいるところなのでこっちは目次しか見ていないが、今の時点でこの本からは、原題が“JUSTICE  What`s the Right  Thing to Do?”らしいということくらいしか知識を得ていない。



ぼくはほぼ毎朝、職場に向かうときにセブンイレブンで100円のお茶かウーロン茶か水を買っていく。
その飲み物の表示を見ると、販売者 株式会社ジャスティスとある。
強烈な名前だ。

正義と関係なさそうな100円ウーロン茶を販売しているこの会社が、なぜこんな名前になったのか。
ブリジストンやトヨタのような名づけ方だとしたらと思うと、なんとなくウーロン茶から中国風の名前を連想し、この会社の社長は、もしかしてソフトバンクの社長と同じ人か?と疑ってしまった。

もちろん全然違う。

ということをこの原題を見て思い出した。

PageTop

満員電車

通勤電車はだいたい毎朝、満員だが今日の地下鉄は特にひどい気がした。

なんとか隙間を見つけて奥に入り込んだが、一緒に並んでいた中学生たちが入ってこない。
見ると、満員なので次の電車を待つことにしようと言っている。
この時間に次の待っても満員だろうから、強引に入るか空いてる車両を見つけるしかないのに。
満員電車と言っても、階段から遠い車両はめったにぎゅうぎゅう詰めにはならない。


混雑のピークは大通だった。乗り込んでくる人たちの波はなかなか力強かったが、斜め後ろのおじさんの
「くぉ、おぉぉ…」
みたいなうめき声は実際に押されている背中の感触以上にリアルに人混みの圧力を感じさせてくれた。


後から知ったが、今日は私立高校の入試だったらしい。あの中学生たちは間に合っただろうか。

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。