こっそりぶろぐ

こっそり書くが別に秘密にもしない。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

初雪

なんだこのベチャベチャしたものは。靴の中までびっしょり濡れて気持ち悪い。
本当に北海道の雪?傘も重くなるし。

と言う感じの初雪だった。

 雪といえば最近読んだのはキリマンジャロの雪。図書館で借りた『勝者に報酬はない・キリマンジャロの雪―ヘミングウェイ全短編〈2〉 (新潮文庫)』。
読んだらキリマンジャロに登りたくなるかと思ったが、読んだらアフリカで狩りをしてみたくなった。

アフリカつながりで、『星の王子さま (新潮文庫)』も読んだ。
富士山に行ったとき、群馬あたりの高速のS.A.に謎の星の王子様スポットがあったので気になって読んでみたのだが、なぜあそこが星の王子様のテーマパークみたいになっていたかは結局わからなかった。
文学部の友達にはファンが多かったが、ぼくはこういう難しい子供向けの本(宮沢賢治とか)はあまり理解できないので敬遠していたのだが、読んでみたら案外良かった。

そして、今日買った『吉田牧場 牛と大地とチーズとの25年 (ワニブックスPLUS新書)』はカバンに入れていたが、外側のポケットだったためもはや濡れてふやけてしまったが、面白かった。
北大の農学部の畜産(と探検部)を出て、ある「農協の全国組織」に入るというどこかで聞いたような経歴の持ち主だが、5年で辞めて出身地の岡山で一から酪農を始め、古電柱や取り壊した家の廃材から家を建てたり、自力で沢から水道を引いたり、本当に「北の国から」のような生活をしながら、現在では日本有数のフェルミエ(チーズ農家)になった人の話だ。
あのワイナリーの本のように、読むとそこのチーズを食べたくなる。
親戚ではないです。

でも親の大学時代の友達なので、ぼくは会った事はないがそこのチーズは何度か食べたことがあると言うプチ自慢だけしてこの記事は終る。

スポンサーサイト

PageTop

クセ

最近、また一つ自分の癖に気づいた。

歩いていると、左足首をくじきやすい。

PageTop

温泉巡り

金曜は仕事が終わってすぐ登別で観楓会。
温泉には夜と朝でそれぞれ20分くらいしか入れなかったが、とても広くてなかなか良かった。

土曜は昼ごろ家に帰り、それからスマカーでニセコへ。
五色温泉では45周年記念タオルを買ったり、色んな見たことない先輩や後輩、懐かしい先輩や後輩、そして久々にレナウンを見た。
はじめて見たという一つ下の後輩はレナウンそのものよりも、喜んで写真を撮りまくる同期の女の子に驚いたと言っていた。

そして、突然ケーキが登場したり、人気パティシエ熊のプリンを頂いたり、東京土産をもらったり、色んな人から誕生日をお祝いしてもらえて、本当に嬉しかった。

そのあとはいつものようにゲームで次々とつぶれる人々を見ながら酒を飲んだり話したりして、寝た。

帰りはミルク工房や京極の湧き水、きのこ王国、苔の洞門、支笏湖に寄って帰った。

今週はなかなかハードで、五色では初めて温泉に入りながら寝てしまったりもしたが、行って良かった。

PageTop

お葬式

茨城の母の実家に行ってきた。
何しに行ったかは題の通り。

就職したときに買ったのに日曜の結婚式まで使わなかった礼服が急に大活躍だ。
祖父の葬式だったが、あまり色々書くようなことではないので久しぶりに会った家族や親戚などのことについてちょっと書く。

1、父
函館に住んでいるので、新幹線で東京駅まで来て飛行機で来たぼくと合流した。そこからレンタで母の実家へ。高速に乗ったのは覚えているが、次に気づいたときには利根川を渡る寸前だった。茨城に入っても見渡す限りの田んぼ。さすが関東平野、ヨーロッパに行ったときはどこまでも牧草地で山も見えない、さすが大陸とか考えたが、ここも牧草が稲になっただけであんまり変わらないかもとか思った。
それによく考えたらそんな田んぼの続く景色はうちの職場のある市とか、北海道にもあるはずなのに何かが違う気がした。植生だろうか。やっぱり生えている木の種類が違って南国を感じるし、葉っぱや花の色が濃い。でも道路が新しく出来ていたりして景色も昔と違う気がする。田んぼの中の微妙に入り組んだ細い道を走っているが、こんなだだっ広いところで父は道をわかっているのだろうかとふと気になったのできいてみた。
「う~ん、わかるようなわからないような。」わかってなかった。

2、祖母
ぼくが家に入ると、周りの人にしきりに誰?誰?と聞いていた。だれかわかると、今度はやせたねと言われ驚いた。叔母にも言われたが、みんな小学校の頃のイメージのままらしい。中学高校でも会っているはずだが。

3、弟
口癖が、「浅はかだな」になっていた。

PageTop

結婚式

快晴に恵まれた3連休最終日の今日、東京に勤めている大学の同級生が結婚し、ぼくもついに友人の結婚式というものに初めて出席した。まず招待状の返信のマナーも知らず、届いてからネットで調べてようやく送ったぼくに友達はいきなり受付を頼んできた。まあ、やれば誰でもやれるような仕事だけど頼まれたときはちょっと緊張した。
会場は藻岩山の麓、伏見にあるおしゃれなレストランだった。

昼の12時半開始だったが受付のため1時間前に行く予定だった。しかし着いたらちょっと早すぎて入りづらかったので近くの伏見稲荷にお参りをしてこれから結婚する2人の幸せを願い、それから店へ。店の人から受付の説明を受けた。そこで初めて会った、一緒に受付をやる人は結婚する友達のサークルの人ということしか聞いていなかったが類は友を呼ぶというのか、やはり友達の友達もなかなか話しやすい、何となく合う人でよかった。その後の二次会でも初対面の新婦にも新郎の友人テーブルはやっぱりみんな雰囲気が似ていたといわれた。
受付の説明を受けている間、打ち合わせをする親族がそばを通ったとき新郎もいたのにこっちをちらりと見てあとは無視された、と感じてショックを受けていたらそのしばらく後ろからまたもう一人新郎が現れて、こっちに挨拶して通り過ぎた。つまり、一人目はそっくりなお兄さんだった。

ちなみに結婚した友達はじゃがーと同じ高校で、一方的にじゃがーのことを知っていた。「彼は柔道強いんだよね。」と。
そしてその新郎のサークルの友達に札幌市役所に土木の技術職として勤めている人がいた。土木と言えば歩く会の同期にもいたな、と学科も土木だったかを確認し、同じ苗字の人と間違わないようフルネームでその同期を知っているか聞いた。留学して留年したのであまり関わったことがないようだったが、知っていた。「すごく頭がいい人で、ちょっと近づきがたかった」と。ちょっと意外な感想だった。
また、席では就職して東京に行った大学のクラスの友達とずっと話していたが、彼は本社が札幌の八軒にあるお菓子の卸売会社の東京支社に勤めている。
と言う感じでなかなか歩く会とも微妙に縁のある結婚式だった。

式は大変良かったが、新郎新婦と話す機会はほとんど無く、2次会もないようだった。結局あまり話せないのかと思ったが、そのナシオに勤めるクラスの友達がメールしてみると新郎新婦で2人で飲む予定だったがいっしょに来ないかと誘ってくれたので、新郎新婦とぼくたち2人という謎のメンバーで飲むことになった。そこで色々な話をすることが出来て、新郎新婦も邪魔にしたりせず大変歓迎してくれてとても良かった。新婦は完全に初対面だったが、気さくでいい人だった。
そのとき油そばという、スープのないラーメンのようなものを初めて食べたがなかなか美味しかった。温かい麺にタレのようなものがかかっていて、その上に海苔やチャーシュー、卵などの具が乗っていてつけ麺よりもラーメンっぽい。これを家で作れるお土産までもらってしまった。

PageTop

メイクアダッシュ

昨日、大学の近くで信号待ちをしていると、気づいたらサークルの後輩が隣にいた。
一瞬よくわからなくてまじまじと見たあと、「あれ?」って間抜けな反応をしてしまった。向こうは落ち着いていたので多分気づいていたのだろう。

なぜそんなところで一人で信号待ちをしていたのかというと、競馬場に行くためだ。家からチャリで行ったのだった。メンバーはこないだの野球と同じく高校時代の友達2人。2人は何度か行っており、特に一人は家にいる週末は毎週馬券を買っているという男だったが、ぼくは初めてだった。

午前中は歯医者だったので、一人で少し遅れていくと9レースが始まるところだった。何もわからないので名前だけで賭ける馬を決めて急いで馬券を買いに行ったが、間に合わず。
初めて入った競馬場は思ったよりほのぼのした空間だった。芝生に敷物を敷いて団欒している親子連れが多く、小学校の運動会を思い出した。カップルや若い女の子同士で来ている人たちも結構いたが、もちろん期待通り殺気立ったおじさんたちもいて、久しぶりにテレビ画面に向かって怒鳴る大人を観ることができた。

次の10レースはちゃんとパドックを見て決めた。どんなのが良いのかわからないので聞いたら、あまり興奮している馬や下を見て元気がない馬は調子はよくないらしい。でも結局それだけじゃわからないと言われた。他の二人はちゃんとスポーツ新聞を持ってきており、その情報も参考にさせてもらった。パドックやで馬を見て名前を覚えても番号は忘れるので新聞は必須だなと思った。
そこで、メイクアダッシュという馬を見つけたので彼に100円賭けた。その馬は見るからに下を向いており、体も小さかった上、倍率もすごく高く明らかに勝てそうになかったが、名前が良かったので賭けた。必ずメイクしてくれると信じていたが、圧倒的にビリだった。やはり名前負けだったのだろう。

次のレースはその日のメインで、そのために観客が多い日だったらしい。これから活躍しそうな期待の馬たちが集まるらしい。パドックでは小さい男の子が
「すげー、筋肉ムキムキだ」って言うのが聞こえてくるほどだった。その子がいう馬は、一番人気の馬で確かにお尻の筋肉がすごかったが、なんか細いなあと思ったら牝馬だった。他の馬を見ていたらもっと全体的にガッシリした馬を見つけた。この筋肉はなんかやってくれそうだと思い、もう一頭二番人気のスマートな馬の馬連も買ってみたら、そいつがやってくれて300円が3,750円になった。
結局そのあとは最後のレースでははずし、トータルでは馬券を2,700円買い、3,750円還ってきたので千円くらい儲けたことになる。勝ったのでなかなか楽しかった。
今回思ったことはよく見る競馬新聞にすごく書き込みしたりする人は、勝ち負けは博打なのでそんなに変わらないだろうが、あれは色んな情報から予想するのが楽しくて、詳しくなればその楽しみが増すのだろうと思った。
もちろん金がかかっているというのはあるだろうが。

そのあとは飲み会と卓球で儲けたお金の3倍以上を使って帰った。

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。