こっそりぶろぐ

こっそり書くが別に秘密にもしない。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

リュージュとスケルトン他1篇

1、リュージュとスケルトン
GetAttachment・胆convert_20100131234146


 今日藤野でスケルトンの体験をしてきた。先々週に行ったリュージュと比較してみる。

 まず、結論から言うとリュージュは下半身、スケルトンは上半身のスポーツだと感じた。少なくともぼくの体験した範囲では。

 リュージュとスケルトンはどちらもそりの競技で、使用したコースは同じだったがそのそりの形とと乗り方が全く違う。リュージュは仰向けに乗り足を前にして滑っていくが、スケルトンはうつぶせになり、頭から滑っていく。
 そのためそりは全く形が違う。あのリュージュのそりの形を言葉で説明するのは難しいが、人が乗る部分の下に、スケートの用に刃がついている。刃とは言っても、鋭いものではなく雪に接する部分は平面だ。
その刃の先がスキーのように上へと反っているのだが、かなり上まできているので乗る人はその部分を脚で挟むことになる。その挟んだ脚のどっちに力を入れるかでそりの方向をコントロールするのだ。
スケルトンは写真のような感じだ。
 頭はそりよりちょっと前に出る感じでうつぶせに寝て、上半身の力を抜き肩をそりにべったりつける。方向はその肩の力の入れ具合でコントロールていく。
 どちらもそりの上に寝て両手は“気をつけ”のようにぴったり体に沿わせ腰のあたりのハンドルを握る。
 このときリュージュの場合そりより体が横にはみ出すのでコースの壁にぶつかると痛いが、スケルトンはバンパーがあるので直接ぶつかることはあまりない。

 リュージュのそりのほうが軽く、自分で持って滑り始めるところまで登らなければならなかったが、スケルトンは重いので車で運んでくれた。
 だから普通はそりを持たないですむのだが、ぼくはそりを車に積むのを一回手伝う機会があったので、実際に持ちあげることができ、確かにリュージュよりもずっと重いことを実感できた。僕がそれを頼まれたのはたまたま、僕の目の前でそりを積む人がぎっくり腰になったから。

 リュージュもスケルトンも壁にぶつかるとスピードが落ちるので、いかに直線をまっすぐ行くかと、カーブで壁に乗り上がり過ぎて吹っ飛ばないためにいかに曲がる方向に操作できるかがポイントだった。
 失敗すると両側の壁にガツンガツンぶつかりながら行くことになり、痛いしタイムも遅くなる。

 体験会に参加した人数は、リュージュが約40人にだった対してスケルトンは12人。だが、今日は朝日新聞の取材が来ていたので明日の朝刊にじゃがーのコメントが載るかもしれない。「使わせてもらいます。」とは言っていた。

 今回は一回目からタイムを計ったが三回ともリュージュでは負けなかったじゃがーに及ばず、特に最後は完敗だった。
 このことから、小さいころから野球、(柔道)、弓道と主に上半身を使ってきたじゃがーは肩で操作するスケルトンに優れ、サッカー、陸上、空手(合気道、棒術)と、物や地面や人を蹴って下半身をよく使ってきたぼくは脚で動かすリュージュのほうが向いているのではないかというのが現在のだっしゅ説だ。

 ちなみに今回は200mくらいのコースでスピードも30kmくらいだろうと言うことだったが、オリンピックは1,000m以上のコースを時速140kmくらいで滑るらしい。


2、キャベツ天丼とモモンガ

GetAttachment_convert_20100131234121.jpg

 スケルトンが終わり、昼飯を食べに行くことになったが、なぜか反対方向の南幌町でキャベツ天丼を食べることになった。職場の先輩から聞いて前から食べてみたいと思っていたのだが、南幌温泉の名物であるそれは写真のようなものででかい。久しぶりに「食い極」と言う言葉を思い出した。そのためにわざわざ行って温泉に入らず食堂だけはいるということをした。
 
 その後レラにちょっと寄り、モモンガ探し第二段ということで今度はじゃがーの調べてきたポロト湖へ。ちなみに第一弾は年末に行った。そのときは桑園の男と大麻の人というクロカンな二人と野幌森林公園だったので、ほとんど雪合戦だった。
 今回はミスター山スキーとだったので、雪合戦とかは全くなかった。もう雪も太平洋側なので少なかった。
 結果は今回も空振りだったが、釣りと一緒で過程が楽しめればそれでいいと思う。

 ちなみにモモンガについては、昔はお化けの鳴き声や、そこからお化けそのものを表す言葉(犬がわんわんみたいに)、子供を脅かすときの声として「ももんがあ!」「ももんぐわあ!」と言うのが多くの地域で使われていたと言う話が民俗学やなんかの本にたまに載っている。理由は面倒なので省くが、中学の頃に転校生から、親に本当に「モモンガが来るよ!」と脅かされていたと言う話を聞いて、本に書いてあったことはホントだったのかと感動したことがある。

 あと、モモンガに似た動物であるムササビはでかくて本州にしかいなくて、高尾山とかで見れるらしいけど顔がモモンガと全然違って可愛くない。

スポンサーサイト

PageTop

原因はわかりやすい

今朝夢を見た。

友達と四人でどこかのすごい美術館か何かに電車で行く夢だ。
その友達が誰かというのは、夢によくあることだが場面によって違う。でもそのときは全く違和感がない。

覚えているのは電車に乗っている場面からだが、みんなそこに行くのを相当楽しみにしていたようでテンションが高い。電車から見える風景は本州のようだ。
そこで、ぼくは一人で慌て始める。小銭入れがないことに気づいたのだ。他にも忘れたけどケータイか何か一緒に入っていて、かなり落ち込んだ。しかもそのときの四人のうちの一人、けんに「おいだっしゅ、何やってんだ!」みたいになじられた。

そして、電車から降りて西洋の城のようなものすごく立派な美術館のような施設が見えてみんなのテンションが上がるが、僕はそこでさらに財布と入場券もなくなっていることに気づいて密かにショックを受けていた。
急いで戻れば二時間くらいで回収して戻ってこれるはずと言う謎の計算が働き、みんなに何も言わず一人電車へとダッシュで戻る。途中ケイタイに電話がかかってきたので、みんなに気にせず先にゆっくり見てるように言うと、本当に気にされずに先に見ていると言われる。
焦って電車に乗り、なぜか家まで探しに帰ろうとするところで目が覚めた。

ものすごい悪夢のように見えるがそのときはそんなに嫌な夢だとは感じず目覚めは意外と爽やかで、電車の中での友達との内容は覚えてない会話がすごく楽しかったのは覚えていたので、もう一度続きを見るために寝るか迷った。

PageTop

ワカサギダイバー

               RIMG0077_convert_20100124112252.jpg
 しのつ湖は、地元ではちょっと知られたワカサギ釣りの名所だ。冬には、雪に埋まった真っ白なだけの平らな湖は周りの田畑とほとんど見分けがつかないが、入り口の鯉のぼりとずらっと並んだ車によってそれと判断することが出来る。
 湖上にはビニールで出来た小屋がいくつも建ち、ストーブのある暖かい環境でワカサギを釣ることができる。もちろん手動ドリルで氷に穴を空け、外で釣ってもよい。釣魚券を買えば、竿や餌は有料で貸し出しているしドリルも無料で使うことが出来る。ただ、朝から外でずっと釣っていることは肉体的に出来ない。「一時間で寒さで死ぬ。それだけ。」
 ただし、普通は誰でもワカサギを釣ることができるわけではない。しかし、それではお金を払ってせっかく来ている客に申し訳ないと、氷の下で釣針にワカサギを付けてあげるダイバーがいる。団体で来た客には争いが起こらないよう平等に釣らせてあげるダイバーが。
                RIMG0099_convert_20100124113416.jpg

 昨日札幌から来た5人組はちょっと厄介だった。彼らは糸をたらせばすぐ釣れると思っていたらしく、小屋にはいると5分くらいで釣れないと焦りだした。何度か魚の姿だけを見せてあげて一応ここにワカサギがいることだけは教えておく。30分後には、ちょっと飽きはじめてお湯を沸かしてココアみたいなものを作って飲んでいた。その間たまに浮きを動かして食いついているようなふりをした。さらに一時間もした頃にはワカサギを揚げるために持ってきた油で冷凍のフライドポテトやコロッケ、あとなぜかじゃがりこを揚げて食い始めた。
 その隙に、一番竿が動かないので魚を簡単に付けやすそうな人の釣針にワカサギを引っ掛けといてやった。しばらくしてひきあげた、だっしゅと呼ばれる男が喜び、隣の同期でこの計画の主催者らしき男が悔しがる声が聞こえる。
 これで釣れる事がわかったため、他の4人もやる気を出してまた釣りに集中し始める。
 とりあえず反時計回りにワカサギを付けていくことにした。次は左隣のクマのぬいぐるみのような男だ。こっちは積極的に竿を動かして魚を付けづらいので、ちょっと弱ったおとなしいワカサギを付けざるを得なかった。
 それからちょっと休憩してから次の人へ。ぬいぐるみに背を向けて反対側で釣っているその同期らしき社会人の女の子だ。その隣には背の高い、躰道をやっていたことのありそうな後輩がいたが付け忘れてしまい、彼と背中合わせに反対側で釣る、クロカン大好きな主催者らしき男に付けてしまった。
 その後、天気がよくなってきたこともあり彼らは外に出て氷に穴を開けて釣る事にしたようだ。だが、釣りよりもむしろ氷に穴を空けることに夢中になっているようだった。小屋から出てしまって探すのに苦労したが、管理人棟からの放送によるアドバイスもあってなんとかさっき釣らせ忘れた人を見つけ出し、ワカサギを付けてあげることが出来た。 だが、もう疲れたのでワカサギを付けてあげるのはこれが最後だ。あとは、どうやら持ってきた残りのフライドポテトやコロッケを揚げたり、まいたけやピーマンを天ぷらにしたりしていたようだ。最後には全員が1匹ずつワカサギを天ぷらにして食べたようだった。油の中で最後の泳ぎを見せる活きのいいワカサギの天ぷらは、1匹でもきっと彼らを満足させたことだろう。
              RIMG0104_convert_20100124112207.jpg



 というように、5人がなぜか平等に1匹ずつしか釣れなかったという結果から、ここにはこういうダイバーがいるという説がみんなの中で有力だった。

 ちなみに夕飯は蕎麦屋だったが、鳥天そばを頼んだら、鳥のほかに、またまいたけとピーマンの天ぷらがついてきた。そんなに天ぷらの定番だったのか。美味しかったけど。

 あとその日、本当はぼくの22歳の誕生日プレゼントだった小説が、ようやく僕の手に渡った。出来立てのとき見せてもらってはいたが、もらってはいなかった。なぜ今までそこにあったのかもわからないほど昔のものだが、無事に手に入ってよかった。ガスト殺人事件の続編だ。最初は支笏湖ナイトハイク殺人事件だったのが、タイトルが変わった気がするけど、読んだときから今のになっていた気もする。
 読む前には、登場人物たちのその後を知っている今となっては当時とイメージが違っている人もいるかと思ったが、実際読んでみると今でもあの人はこんなこと言いそうな気がする、こんなことをしそうな気がするという感じがした。その人たちが変わっていないのか単に僕の中のイメージがその頃で止まっているのか、それとも作者がその人たちの変わらない部分を捉えていたのかはわからないが、懐かしかった。
 

PageTop

富士山

 来週末に予定していた山スキー手稲山が、メンバーがどんどん抜けてじゃがーと二人になったため中止になった。
まあこの時期は仕方ない。

 さっきたまたま観たテレビでは富士山の紹介をしていた。トータルテンボスは何度も登っているらしい。
 富士山の中で一番楽なルート、吉田コースはなかなか素敵そうだった。名前も良いが、金はかかるが馬に乗って7合目までいけるというところに心惹かれた。月の砂漠のラクダと同じ発想だと思った。山に登ってるときはよく馬とかヤックルとかに乗って楽したいと思うが、結構みんな同じことを考えるということか。ちょっと乗ってみたい。
 あといつ観てもご来光のときのヘドラの列はちょっとイヤだが、景色は良さそうなので是非行ってみたい。
 ルートも山小屋もちょっと考えられないくらい整備されているのは、魅力のような残念なような。
 北海道には高山病になるような山はないのでその高さだけでもどうなるのか体験してみたい。

 手稲山のようにこのまま企画倒れにならないよう、富士山のことを書いてみた。

PageTop

日曜日

 週末の計画はまだ続く。

 日曜は藤野のスキー場で、「ヨーロッパでは夏のサッカーと同じ程、大変人気なスポーツ」(スキー場でもらったパンフレットより)を楽しむ予定だった。
 
 Aの家で3時間ほどの睡眠をとらせてもらい、朝9時ごろにお別れした。ぎりぎりで開始時間の30分前集合と言うことがわかったり、大雪でレンタが埋まり、急遽返すのをうっちょりに頼んだりJRが止まって車掌との合流が遅れそうになるなどのハプニングが続いたが、何とかぎりぎりでクリアしてジャガカーでスキー場にたどり着きリュージュを楽しむことが出来た。

 センター試験を受ける受験生だけでなく、返却期限の10分くらい前にカギを渡され、埋まったレンタを掘り出さなければいけなかったうっちょりどんも昨日の大雪で泣いたことだろう。申し訳ない。結局期限に間に合わなかったようなので余計に。

 それはともかく、リュージュの楽しさは予想以上だ。元オリンピック選手だというお姉さんの指導の元、初めてそりの形や動かし方なんかを知った。失敗するとミニ四区のように両側の壁に何度も激突しながら進むことになる、なかなか激しいスポーツだった。
 今年のオリンピックはちょっとこの競技に注目してみよう。
 合計4度滑り、最後の2回でタイムを測ったのだが4人の中で1位、この体験会に参加した40人程の中でも2位という好成績を収め、表彰台に登ったことを自慢しておく。ほとんどが初心者だったが、経験者もいる中での好成績だ。
 でも飲み会から一度帰る暇がなかったので、ウェアでなく普段着のダウンで滑ったのはちょっと失敗だった。その上からゼッケンをするのはなかなか苦しかったしゼッケンがフリーザの戦闘服のように盛り上がってしまい車掌を喜ばせてしまった。

 その後、回転寿司を食べて予定していたことは全て終わったがまだ時間があったので、北海道神宮で初詣をして、配っている六花亭のクッキーを食べたりおみくじでみんな大吉を出して逆に損した気分になったり、温泉のような銭湯に入ったりしたあと、車掌を家におろし、札駅で解散した。

 やっぱり、たまに本州から人が来ると北海道を満喫できる。

 疲れたので帰ってすぐ寝ようとしたが、視界のゆがみに気づき、暗い夜道を一人で曲がったメガネを治しに行った。
 もしメガネが万全だったら1位も夢ではなかっただろう。

PageTop

土曜日

 今週末はなかなか充実していた。
 
 土曜は同期4人でニセコでスキー。札駅に朝9時15分という、ニセコまでスキーに行くにしてはずいぶん遅い時間に集合したのは、一人の家が遠すぎて札駅に到着するのがその時間だったからだ。
 そこからスキー板をテレマーク二組とアルペン一組積んだレンタカーでヒラフに向かう。ひとり分足りないが、それは既にスキー場に送りつけてあった。
 このメンバーでのドライブはかなり久しぶりなはずだったが全く違和感や珍しさは感じなかった。何となくいつものドライブという感じになる。中山峠を越えると天候は悪化し、視界のきかない吹雪の中を行くことになったが、それも結構楽しかった。

 ニセコグランヒラフはその大雪のおかげでどこもふかふかのパウダースノーが積もっていて、オーストラリア人の多さと共に世界レベルのニセコの素晴らしさを感じさせた。
 しかし、調子に乗って滑っていると思いっきり前のめりに転んだ。自分の板にゴーグルが激突し、ベキっと嫌な音を立てた。
 ダブルレンズの外側が割れている。レンズとレンズの隙間に雪が入ってゴーグルは使用不可能に。
 メガネも曲がった。
 他の3人に見せると、メガネの鼻当ての当たった部分から流血までしていると言う。

 メガネもゴーグルもはずし、目に細かい雪が入ったりまつ毛が凍りつくのに耐えながら下り、とりあえずゴーグルをレンタルすることにした。だがレンタルのゴーグルはシングルレンズのものしかなく、この天気だとすぐ凍り付いて前が見えなくなると言われたので、その場でダブルレンズのを新しく買った。
 どうせあとで買うことになるし6000円くらいでちょっと安いので、正しい判断だった。でも学生の頃ならここで買うお金がなくてレンタルしてただろう。よかった。

 その後、今後は先輩を誘って本州で山スキーをアルペンでやろうとしている人が、コース外に魅力的な斜面を見つけた。ちょっと嫌がる元クロカンリーダーを強引に誘い、3人で行ってみた。
 雪か雲かはあいまいだった。天候もよくなり、オーストラリア人が“Beautiful!Beautiful…!”と繰り返していたらしい。山スキーヤー二人は素晴らしい雪質をかなり楽しんだ。
 圧雪の上に積もった新雪は上手く滑っていたので誘ったクロカニストだったが、ここでは底なしの深雪で山スキーヤーがどんな苦労をしているのかを教えてあげる結果になってしまった。深雪で起き上がれないのはつらいよ。昔のもがいていた自分を思い出した。

 帰り道は街中の路面状況が悪く、ニセコ組の4人を除いて11人が先に待つ飲み会会場に幹事と主賓が到着する10分くらい遅れてことになった。車を置きに行った残りの二人も遅れて到着し、15人で1次会は美唄焼き鳥と鳥もつ鍋、二次会は途中で更に増えて16人で別の居酒屋、3次会はその1/4の4人でワインバー、4次会はそのメンバーでスペイン料理屋。最後にすすきのからタクシーで終電のない僕と泊まるところを決めてなかった主賓は後輩Aの家へ。この時点で5時半という、サークルのコンパのような飲みをした。 

日曜日に続く。
 

 

PageTop

寒さ

「今朝はすごく寒かったですね。」「今日はそうでもないですね。」
みたいなことを職場で言うと、同意を得られないことがたまにある。

そういうときは、職場から離れたうちの周りは寒かったんだろうとかいう感じでごまかすが、本当の原因はわかっている。

朝、通勤が寒いかどうかは前日の夜の寝相で決まる。

つまり、布団の上掛けをはね飛ばしたり、中の毛布をずらして自分にかかってない状態で寝ていると、朝体が冷え切ってしまう。そんな日は職場につくまでずっと寒い。あまり動かないで寝れたときは気温が低くても暖かいまま起きれるのでそんなに寒くない。

PageTop

危機感

日曜は道場の鏡開きに行って、あれ、袴の紐これしか余らなかったっけ?と思った。
他にも何人かから同じような指摘をされ、本当に危機を感じた。

なのにそのあといきなりメールが来た車掌に付き合って買い物に行きモスで遅い昼飯を食べ、さらにその後二人で大丸のうまいもの市にいってしまったのはなぜか。長野のおやき二個と明石焼八個を食べてしまい、帰ってからも夕飯にハンバーグをを食べてしまった。

月曜はおやきでおなじみの長野出身の後輩Rに誘われてthe pillowsのライブに行った。
全てが新鮮で、おもしろかった。良かった。
ただ、一つの教訓は、予習するときは出題範囲を確認する必要がある、ということ。
そのあとラーメンを食べ、帰ったらケーキがあったので食べてしまった。でも会場までは歩いて行った。

明日から頑張ろう。

今までこういうことを書かなかったのはget fatに気づいてない人がもしいたら、わざわざ教えることになるからだったが、そろそろちょっと自分を追い込もうと思った。
なくした免許の再発行のとき、更新前の免許を持っていったのだが、その写真を見た面接官に「昔はやせてたんですね」と言われたのが最近一番のショック。

PageTop

科学館

こないだいけなかった科学館に行った。
もともといたJの他に、修論を提出したばかりの農学部Yくん、休みを利用して根室からやってきたばかりのKくん、昨日の山スキー打ち合わせで会ったばかりのRも参加してくれた。

青少年科学館とはいうが、冬休みだけあって少年ばかりだった。でも青年たちも十分楽しむことができた。むしろ少年より楽しんだかもしれない。

最後に行ったプラネタリウムは、気づいたら15分くらい時間がとんでいた。いつ始まったのかすらわからない。スタンド使いがいたのだろう。
残りの35分で今日見える星について色々教えてくれたので夜が楽しみだったが、実際は白い雲しか見えなかった。


PageTop

甘くない正月

今年は正月なのにおしるこも栗きんとんも食べてない。この二つが正月に食べるもので好きなものツートップなのに。黒豆は食べた。まあ昆布巻きとか雑煮とか煮物とかしょっぱいものも好きだけど。

31日から始まった6連休も今日で終わり。それにしてもこんなに早く休みが終わってほしいと思ったことは今までなかった。正月はどこも開いてなくて、失ったものを再発行する手続きができないから。
RIMG0070_convert_20100105213712.jpg

今日はそんな気分を払拭しようと科学館に行く予定を立てたが、免許の再発行に予想以上に時間がかかって結局流れた。
ただ、親の実家から届いた米を精米したのはちょっと楽しかった。
まず、30kgもある重い米袋を担いで車に乗せ、精米機に持って行く。案外近所に精米機があって驚いた。精米の様子も見慣れないので面白かった。ほんとは毎年やってるはずだけど今まで米袋を担いで車と家を往復するところしか手伝わなかったから。
精米機や、それを使っている様子の雰囲気はなんとなくセルフのガソリンスタンドを思い出させるものがある。
玄米をいれ、小銭を入れると玄米が蟻地獄のように吸い込まれていき、上から雪のように白米が降ってくるという不思議な機械。
玄米はホントに茶色くて白米はホントに白いな、と言うのが感想。
                RIMG0072_convert_20100105213907.jpg
                RIMG0073_convert_20100105214025.jpg




PageTop

1月3日

弟をスキーに連れて行ってやった。
大学の講義で栃木の那須とか言うところにスキーに行くらしいが、高校時代も三回ぐらいしか行ってなかったらしいので勘を取り戻したかったようだ。
その日のベタベタした雪質、微妙な暖かさから考えて藻岩やばんけいでは北海道らしいスキーをさせてあげることは出来ないだろうと、標高の高いテイネにした。国際やキロロでないのは弟が朝遅かったせいだ。
読みは当たり、人が多くてコブだらけになってはいたがなかなかいい雪だった。


つれてってやったが、金はもちろん、現金はないし正月は窓口が閉まっていておろす手段もないので親から借りた。
同様の理由で今年はお年玉も上げてない。アア、アゲタカッタナア。
免許もないのでスキー場までは親に送ってもらった。
保険証もないのでケガをするわけにはいかない。まああってもしたくないけど。

スキー場ではガチガチに凍った帽子が落ちていたのを見つけたのでもちろん拾ってスキーセンターに届けた。落し物を見つけたら即届けなければいけない。なぜなら、落とした人はたいへん困っているだろうから。

*  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *

 そういえばスキーから帰ったとき、弟が家のカギをどこに置いたかわからなくなったというので、当時の状況を聞きいて即座に見つけ出してやった。
「さすが!君の捜査能力は目暮警部に匹敵する!」と微妙な感謝をされた。
 目暮警部じゃダメじゃん。ああコナン君助けてくれないかな。コナン君って言うかあのメガネと発信機がすごくほしい。アレがあればいつも貴重品に付けておくのに、と昔からこんなときよく思う。
 じゃあ阿笠博士のほうがいいか。あんな人近所にいないかなあ。
 それにしてもあの人の職業も謎だ。工学部の人がドクター出ればあんな博士になれるんだろうか。

PageTop

新年

 年越しは後輩の家で迎えた。飲みに誘われたから行ったら二人しかいなかった。気づいたら年は越してしまっていたし酔って結構寝てしまったが、なかなか楽しかった。新年最初に得た知識は、家主から教えてもらったAKB48などの最近のアイドルについての色々だ。

 朝は初詣に行く予定だったようだが、眠いので解散した。帰り道で財布を捜しつつ、近所の月寒神社に寄って初詣した。願い事はもちろん決まっている。
 神社でおみくじも買ったが、こんなに失物が気になったことはいまだかつてない。吉だったが結局一番重要なことには触れられず、しかも他のも微妙だったので結んで帰った。

 その後家でゆっくりしたあとまた年賀状を出しに行き、ついでに落し物が届けられていそうなところを色々まわったが収穫はなかった。

 ただ、その帰りに初詣に寄った豊平神社のおみくじは大吉で、それによると
 失物 出る ひくい処 
 ということだったのでありがたく持ち帰った。他のも全部良いこと書かれていて良かった。

 

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。