こっそりぶろぐ

こっそり書くが別に秘密にもしない。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

立ち読みだけど

 時速70kmで走るのが最近マイブームって言ってた人がいたけど、僕の今のマイブームは「銀牙」だ。
 生まれたくらいの頃にジャンプでやっていたらしい、犬の漫画。
 こないだの金曜に、職場の飲み会の店に早く着きすぎたので隣のブックオフで時間をつぶそうとたまたま読んでみたのがブームの始まりだった。だからまだブーム三日目なんだけど。

 あらすじを簡単にまとめると、凶暴な大グマ“赤カブト”を倒すために野犬の群れが全国から「男」(犬)を集めて戦いを挑むという話。

 最初は猟犬を使う猟師と、因縁の深い凶暴な大グマの戦いみたいな話で主人公も人間の男の子だった。絵もあの頃の劇画調で全体的にクマが怖い普通の昔のマンガって感じだ。それがいつの間にか犬同士がすごい勢いで会話しだす辺りからジャンプらしくなってくる。
 途中からほとんど人間は出ない。
 話は同じ動物のマンガでもマキバオーとかより全然荒唐無稽なのにファンタジーっぽい感じではなくて妙にリアルな感じで描かれているのが面白い。
 
 敵の赤カブトからして、奥羽に自分の牙城を築くと言うクマ離れした壮大な野望をもっているが、「男」たちの男気がすごい。名前もすごいのが多いけど。
 仲間にしに行った「男」とは勘違いとかから絶対一度は戦うことになり、勝つと仲間になるのがジャンプっぽい。敵のときはすごく強いのに仲間になると次の敵にあっさりやられて引き立て役になってしまうのもピッコロやベジータを思い出させる。
 忍法を使う犬まで現れるが、今のとこ一番お気に入りは小隊長のベンだ。確かグレートデンだった彼のカリスマ性はすごい。長所が持久力というのがなんか地味だがそれがまたいい。

 霞岳のモスの息子、ジャガーというのもいる。印象的なのは名前と、だまし討ちであっさりやられるシーン。モスは霞岳の群れのボスらしい貫禄もあり、なかなか活躍するけどジャガーはまだ全然父親に及ばない印象だった。

 一昨日の飲み会の前と昨日の歯医者の帰りに寄ったときとで、文庫本で全10巻のうち5巻まで読んだ。今も続きがすごく気になっているが、まだブックオフが開かない。ちなみに今はベンは“陸奥の四天王”(犬)の罠にかかった仲間のところに駆けつけたところで、主人公の銀は四国で“「猛牛」の海坊主”という闘犬や“山賊のビル”といった「男」(犬)たちを仲間にしたところだ。
久しぶりに何かを人に薦めたい気分になったのでちょっと書いてみた。

スポンサーサイト

PageTop

サルトル

RIMG0175_convert_20090525204339.jpg
その名前からわかるように、恵庭岳は素晴らしい山だった。
結構手軽で景色も想像以上に本格的。


うっちょりは結局15人誘ったらしく、そのうち6%(小数点以下切捨て)が参加してくれた。
今回のハイライトは、長いロープ場で前を行くその6%の一人、アライールが「ラック!ラック!」と叫んでいたとき。
目を上げると目の前に顔面と同じくらいの大きさの岩がこっちに向かってすごい勢いで突っ込んでくる。ドンキーコングが落としてきた樽を避けるマリオのように三点支持の体勢からジャンプでぴょんとかわしたときはなかなかファインプレーだったと思う。
RIMG0183_convert_20090525204307.jpg


「桜の樹の下には屍体が埋まっている!」と書いたのは梶井基次郎だったが、恵庭岳の4合目にはうっちょりの朝食の思い出と後悔が埋まっている!
サルトル

PageTop

思いつき

「そうだ、明日恵庭岳に登ろう」


?今日は三段山に行こうと言われていたが、雨なので中止。             
→こうなることはわかっていたので予約をキャンセルしないでおいた歯医者に行った。
             
?来週の土曜は六月六日だと思ってたら、再来週だった。
→四月はあんなに短かったのに五月は意外と長い。

?天気図を見てみたら、明日は晴れる可能性が結構ある。
→天気予報では曇りのち晴れ

?+?+?=「そうだ、明日恵庭岳に登ろう。」(PM11:00)

?うっちょりにメール
?ネットで下調べ

PageTop

慣用的表現

風邪気味でせきをしていたり、マスクをしているひとに「豚ですか?」とか「新型?」とか「北海道第一号ですね。」とにかくそういう関係のことを言いたくない。
絶対他の人に既に言われているはずだから。

でも風邪や鼻炎の人たちもそれを言われることを望んでいるような節が見え隠れするので、もうそれが面白い冗談か二番煎じかとか言う問題ではなくて、やはり礼儀として言わなければならないのだろう。
それがとても悔しいけど、仕方がないので少しそれに触れるようにしている。
「今風邪引くと疑われますよね~えへへへ」みたいな。

いまいちなので誰かこういうときに気のきいたことの言える人がいたら教わりたいと思う。それも二番煎じになってしまうけど、おそらく日本中で言われていることを繰り返すよりはましだ。

似た例では、飲み会での「酔っ払っても脱いで捕まらないように。」というものがある。

PageTop

高校周辺のこと

僕の通っていた高校の近くにはJR跡地という広大な空き地があった。
高校が二つ入りそうなほど大きなもので、はじめて見た時は空き地というより荒野という印象を受けた。冬に駅から高校へ向かう人がその雪原の中を一列になって進む姿は非常に印象深い。吹雪の日には遭難できそうな真っ白な敷地の中に、最短ルートを通る大勢の高校生に踏み固められた道ができるのが好きだった。

その空き地も高校にいるころから開発が進み、情報何とかセンターやコンベンションセンターなどが次々と出来ていってしまった。

卒業してからはほとんど通ることもなかったそこに、最後に出来たのが大きなショッピングセンターだった。完成してからもずっと気になっていたが特に行くこともなかったそこに先週末に行ってみた。

そのショッピングセンター自体はやっぱり立派なのができたなという感じで特に書くことはない。
それよりも、そこの隣にはもともとダイエーがあり、下校する高校生がよく寄っていたものだったが、そのダイエーがそこに対抗してかなり変わっていた。

特に食品売り場。高校時代よく耳にした台詞に「今日はクレープの日だ。」というのがある。毎月9のつく日はクレープの安くなる日だったが、そのクレープを売っている店がなくなっていた。
またクレープと並んで高校生によく利用されていた、みよしのもなくなっている。

代わりにお菓子がやけに充実していた。六花亭、もりもとはまだダイエーにあってもそれほど違和感はないが、シュークリームで有名な旭川の梅屋があり、さらにフルーツケーキファクトリー、Mrs.NewYorkなどの人気のケーキ屋さん、だんご屋の七福、そしてすすきのにあるデザートバー椿のアルコール置いてないバージョン、椿カフェというものまであったのはかなり衝撃だった。

初めて見た梅屋と椿カフェについて少し。

お気に入りのケーキ屋を見つけるためには、初めて行ったケーキ屋ではシュークリームを頼むべきだという話がある。シュークリームでその店のケーキの基本的な技術が試されるので、シュークリームが気に入った店のケーキなら大体美味しく食べられるはずだとどこかでパティシエが言っていた。

それを信じるとして、梅屋はシュークリームの種類がやけに多いのでまずその中でどれを頼むか迷ってしまうだろう。この日は母の日だったので何か買って帰ろうかと迷ったが、結局何も買わなかった。

椿は、一つ下の後輩が追いコンで言ったというのを聞いて後にその後輩たちに連れて行ってもらったという思い出の店だったが、それがダイエーなんかにあるのはちょっと残念だった。ただ、その一角だけ妙におしゃれになっていてすすきの店とかなり近い雰囲気にはなっていた。隣のMrs.New Yorkや七福のお菓子も中で注文できるらしい。今の高校生は帰りにこんなとこ寄るんだろうか。でもクレープでさえ安くなる日を狙うくらいだから今の高校生はこんな高いとこには行かないだろう。

他には、若鶏半身揚げで有名な小樽のなるとまであった。

こんなに色々書いたけど、実は高校時代僕はダイエーのある駅ではなく、高校をはさんで反対側の別の駅から通っていたのであまりダイエーに行く機会はなかった。なのでクレープやみよしのをあそこで食べたことはない。ただ、ほとんどの人がその駅から通ってたので少しあこがれていた程度だ。
それでもあの変わりっぷりは結構ショックだった。

ところで、今日は小樽でN.Y.ジャンボという巨大なサイズのソフトクリームを食べてきた。

今回、こんなにスイーツのことばっかりの妙な記事を書いたのは実は、最近動きの鈍さを感じて、しばらくもう少し甘いものを控えようという決心をしたので、その代償行為だった。
今日はもう一つ、動きの切れを取り戻そう計画の一環として新しい道着を買った。

PageTop

歯医者もサボりがち

最近ぶろぐに書くことが思いつかない。
G.W.中は書こうかなと思ったことがたくさんあったのに、遊んだりだらだらするのに忙しくて書いてる暇がなかった。
でも今さら書くのもちょっと遅い気がするし。

とりあえず今日は道場に久しぶりに行って、就職してから仕事を自分に対する言い訳にしてちょっと色々サボりすぎていることに気づいたので、これからはもう少し色々マジメにやろうと思った。ぶろぐは最初から別にマジメじゃないからその中には含まないけど。

PageTop

今日は曇り

 こないだの積丹岳と、G.W.が毎日晴れだったおかげですっかり焼けた。
 今年はスキーもあまり行かなかったので一ヶ月くらい前、偶然鏡に映った自分を見てあまりの白さに驚いたことがある。自分の記憶を辿っても、少なくとも大学入学以来こんなに白くなったことはなかった。まるでもやしのような美白だった。まあ、他の人には全く指摘されなかったので、他の人と比べれば白いとはいえないのだろうけど。

 そのもやしっぽさが今では見る影もなくなってしまった。というか全部影みたいになっている。

 おかげで今日は職場で多くの人に「連休中に山に行った?」と聞かれた。行ったのは連休の前の29日なので、最初は連休中はドライブとかしたとか答えていたが途中からめんどくさくなって「積丹岳でスキーしてきました。」って言うようにした。

 ところで、焼けたことに対する反応は色んなパターンがあったが、サークルの同期は基本的に気づかなかった。他の誰かに言われてもあまりぴんと来ないみたいな反応だったのも共通する。
 なぜ気づかないか二つ仮説を立ててみた。
 ?もともとじゃない?とか思ってる。だっしゅ=黒いという固定観念がある。
 ?普段から僕のことを視覚ではなく別の感覚で捉えている。気配とか。でも髪切ったのには気づいた。
 別に検証する気はないけど。

 どのくらい焼けたか、言われたことの中から印象に残ったものを書き出してみる。

母「日焼け止めを塗りなさい。世界中にそんなに黒い人間はいない。」「日本人では。」
後輩A「だっしゅさんがものすごく黒くて、Yさんの白さが際立ちました。Oさんはその中間くらい。」
職場の人「また焼けたね~。どっちが裏か表かわからない~ははははは。」

 一番びっくりしたのは裏か表かわからないというもの。せめて後頭部と顔の見分けはつけてほしかった。
 あと、同期のほとんどが気づかないのとは対照的に、驚いて突っ込んでくるのはおばさんである確率が高い。上のも二つはそうだ。もう一つも女の子なので、女の人のほうが人の肌の色を気にするのかもしれない。

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。